大船渡津波伝承館パンフレット

大船渡津波伝承館さんのパンフレット
デザインリニューアルを担当させていただきました。

大船渡津波伝承館パンフレット

自分は大丈夫!と思っていませんか?

リニューアルにあたっての打ち合わせの際、
「ここは内陸だから大丈夫」と思っていませんか?と聞かれてドキッとしました。「内陸だから海からは遠いとしても、火山はすぐ近くです」
確かに!

大船渡津波伝承館パンフレット
素直な心が大事

自分だけは大丈夫と思う心理が誰にでもあり、過去の大丈夫だったという経験が邪魔をして、それ以上の災害が起きることが考えられない心理のことを
「正常性バイアス」というそうなのです。

東日本大震災で亡くなった方の40%は逃げなかった。
19.5%の方が逃げる途中だったそうです。
大船渡では地震発生から約30分後に8メートル、その後最大11.8メートルの高さにも達しました。
想像以上の大きさと速さだったのは言うまでもありません。

素直な心が大事。
そのことを一番に知って欲しいという館長さんの思いを
パンフレットに込めました。

大船渡津波伝承館さんでは、駅前に新しく建ったおおふなポート(大船渡防災観光交流センター)を会場に、5000年先まで語り伝えたいと、語り部やウォークラリー、震災紙芝居などのさまざまな取り組みを続けていらっしゃいます。

大船渡津波伝承館パンフレット
語り部さんによる津波体験からの学びや助かった理由をお聴きください

大船渡津波伝承館ホームページ
https://www.ofunato-tsunami-museum.org/

(p研究員)



第3回 釜石てっぱん映画祭 ポスター・フライヤー・パンフレット

「釜石てっぱん映画祭」
今年も開催されることになりました〜〜!👏
田舎laboではポスター、フライヤー、パンフレットを今年もデザインさせていただきました。

釜石のジモトゆかりの作品や、市民が投票して選んだ「てっぱん映画」(イチオシ!の映画)が9作品!
今年もチームスマイル・釜石PITで上映されます。

今年のゲストは監督、脚本、撮影、俳優、、と多彩な才能をお持ちの「塚本晋也監督」です。
『斬、』上映後にスペシャルトークもあるのだそう。

映画を通じた「心の復興」と、釜石の映画文化の再生を!
大きなスクリーンで見れて、しかも格安で映画を楽しめるチャンスです。
3/2は全作品共通パスがなんと500円(大船渡・陸前高田ロケの『冬のホタル』はなんと鑑賞無料)、
3/3は前売800円!しかも半券を持ってマチに出ればイイコトがあるとか。

鉄のまち映画のお祭り、ぜひぜひ楽しんでくださいね!

詳しくはこちらです♪
田舎laboにもチラシありますよ〜

釜石てっぱん映画祭

(p研究員)