1DAY金継ぎ研究室

KINOSHIRUさんをお招きして、金継ぎ研究室を開催します!
割れたり、欠けてしまった器はありませんか?
金継ぎは、陶磁器の壊れた部分を漆で接着し、金属の粉で仕上げてまた使えるようにする方法です。
壊れてしまったお気に入りの器、お持ちください!

1DAY金継ぎ研究室

講師 KINOSHIRU 斎藤奈津美 さん
日時 2019年11月30日(土)13:30~16:30

(1時間半~3時間程度)

場所 田舎labo
参加費 基本料金:2500円+税(ドリンクつき)
追加料金:
純金仕上げ+1000円~
純銀仕上げ+500円~
対象年齢 中学生以上
定員 5名
  • 接着には接着剤を使用します。
  • ワークショップを施した器は、電子レンジでは使用できません。
  • 稀に、体質や体調により漆かぶれになる方がいらっしゃいます。ご了承ください。
  • 11月28日までに、お電話(0198-29-5991)・FBのメッセージ・メール(info@inakalabo.jp)にて、お申し込みください!
    FBコメント欄では受付できかねますので、上記の方法でお願いいたします。
  • お申し込み後、やむをえずキャンセルする場合ははやめにご連絡をお願いします。ご連絡なくいらっしゃらなかった場合・当日のキャンセルは、参加費と同額のキャンセル料を後日ご請求いたしますので、ご注意ください。

【O&A】
①フチが欠けているものでも大丈夫ですか?
A.フチが欠けているもの大丈夫です。
樹脂パテで補修を施します。

②ヒビでも大丈夫ですか?
A.ヒビでも大丈夫です。

③グラスでも大丈夫ですか?
A.ガラスは漆が剥がれやすいので、あまりお勧めできません。
お勧めしませんが、ミゾを作ってなるべく剥がれにくい方法で作業します。