岩泉の嫁入り行列 ポスター、チラシ

12/2(土)に岩泉でこんな催し物が開かれます。

 

岩泉の昭和初期の嫁入り行列を約80年の時を経て再現。

このプロジェクトは、昔はあって、でもこのままだと失われてしまう「花嫁行列」という
昭和初期の風習を蘇らせようという試みです。
岩泉の90代の3人のおばあちゃんたちからお話を聞いて、次の世代にもつないでいくイベントです。

打ち合わせの際同席させていただきましたが、おばあちゃんから「つゆはらい」「たるしょい」「とっつきと」「むかえと」「おくりと」など、初めて聞く名前がどんどん出て来ました。花嫁さんは真っ白な装いではなく「黒留袖」「角かくし」に「はこせこ」。
結婚式には日本の文化がぎっしり詰まっています。

あまり堅苦しくなく楽しんでやろう!というのが、つぴたあれいわいずみ流。
ポスターのイラストも博物館や資料館を回りましたが、資料がほとんどなく
岩泉に残っていた写真を元に想像で描きました。

岩泉の歴史のある建造物の間を通る花嫁さん御一行をイメージ。
背景は、岩手で手作業で作られている和紙を使用しました。
和の趣を感じていただければ幸いです。

今回も、懐かしくて楽しいイベントを元気いっぱい届けて下さるでしょう。

「フォトコンテスト」も同時開催されます。写真好きの方は要チェックですよ〜

詳しくはつぴたあれいわいずみのfacebookをご覧ください。

 

町分マルシェvol.6 ポスター、チラシ

2013年からずっと関わらせて頂いている
岩手県北上市の有志で行われている町分マルシェ。
第一回が北上市の町分地区のお店で開かれたことから「町分」という名前がついています。

今では「詩歌の森公園」という図書館のある公園で開かれています。
訪れたことがない人は、美しさにきっと驚かれるはず。


今回のイメージはまた少し変わりました。

 

machibun marche vol.1-4のデザイン研究室納品情報

machibun marche vol.5のデザイン研究室納品情報

 

上記リンクを貼ったので前と比べてみてください!
確実に大人になってきています(笑)

今回はぜいたく〜に特色「銀」をフライヤーに使用し、
女性・男性問わず楽しんで頂けるといいなというコンセプトで作成しました。
ピカピカです。

 

そして今回、フライヤーとテイストを合わせて
ホームページのリニューアルも担当させていただきました。
町分マルシェホームページ

こちらはごん所長が担当しました。

 

今年はどんな楽しいことが待っているのでしょうか?
70店舗に増えた出店者さん!お客さまは昨年5000人もいらっしゃったそうです。
広〜い詩歌の森公園で、のんびり楽しくくつろいで行って頂きたいです。
寒さ対策はお忘れなきよう。

町分マルシェFBページ

 

ここからは告知。
田舎laboでは今年も研究室をやらせて頂きます!
自然の恵みや暮らしの道具などの柄を
自分で刷って手ぬぐいやふきんとしてお使いください。
「おにぎり」は今回のスペシャル企画です。

10:00〜『いものこ』
11:00〜 『にんじん』
13:00〜 『けいと』
14:00〜 『ランプ』
15:00〜 『おにぎり』


汚れても良い服装でご参加ください!(白衣は貸し出します)
参加費:ふきん500円、手拭い:1,000円、エコバッグ小1,500円、大2,000円

どの柄をどの素材に刷るかは自由ですが、
素材が数量限定ですので、なくなり次第締め切らせて頂きます。
ご参加お待ちしています。

(p研究員)

LGBT勉強会・上映会 ポスター・ちらし

レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーといったセクシャルマイノリティーの人口比率は、地域、年代に関係なく4〜10%。そしてその7割がいじめにあっていると言われています。

LGBTについてきちんとした知識を得る勉強会と2本の映画の上映会を、一般財団法人Keen Allianceさんが開催することになり、その告知ビジュアルのお手伝いをさせていただきました。

LGBTは一般的にレインボーカラーで表現されていますが、実際感じる優しい印象にしたくて、柔らかい色合いにしてみました。
そしてお互いの色が混じり合う混色を表現してみました。また分かりやすくLGBTそれぞれのイラストを添えました。

10月22日(日)、岩泉でLGBTに関する講演会が開かれます。11月19日(日)の上映会もどちらも無料、申込不要です。

昨年の大型台風の被害で中止になったこの企画が、主催者さんの熱意により今年開催されることとなりました。
ご興味ある方はぜひお出かけ下さい。

 

詳細はこちら

一般社団法人keen Alliance

 

 

(p研究員)

 

秋彩こみち in かくのだて ポスター・パンフレット

あきいろの桜並木で出会いましょう

角館といえば「桜」。春の満開の桜と武家屋敷は角館のシンボルとなっています。
あきいろに染まった桜並木の桧木内川沿いで、クラフト市が開かれます。
こちらのポスター・パンフレットを作成いたしました。

ポスターのイメージは、天気の良い秋の日に、木陰の気持ち良い風を感じながら、
落ち葉のこみちを、サクサク踏みしめるイメージで作成しました。
落葉のガーランドでお店が飾られています。

こちらは昨年のプレイベントの様子です。

みちのくの小京都と呼ばれる角館は、ものづくりも盛んに行われてきました。
そんな角館らしく全国から本物の職人さんがたくさん集います。
その数なんと87店舗!
作家さんと直接お話できたり、角館やその周辺から美味しい食のブースもずらりです。

角館のお仕事をさせていただくのは、麹くらぶさんに続いて2回目!
その安藤醸造さんも出店されます。楽しみですね。
田舎laboも出店します!ショップ部門67番でお待ちしております。

詳細はFBで!
秋彩こみちinかくのだて

(先日秋田に行ったらいろんな場所にポスターが貼ってあって嬉しかった p研究員)

まんなかマルシェ みやこ・わくわくストリート2017 ポスター・パンフレット・スッテカー・缶バッジ

宮古で開催されるイベントポスター、パンフレットのお手伝いをさせていただきました。
宮古は震災・台風と被災が続きましたが、そんな中でもめげずに、新しいアイデアやわくわく感を
宮古で大切に思い描く様子を、鉛筆で手描きして作成しました。
描いては消して何度でも素敵な街になるように
考えていくことののできる鉛筆のラフな構想のイメージです。

まちづくり研究の一環として宮古市民の方々が何度も集まってミーティングして、
自分たちの手作りのイベントを計画。
一度参加させていただきましたが、若い方々中心の熱気のある会議でした。

まんなかマルシェ」は、2015年からの発足で
宮古のまんなか「中央通り」のかつての賑わいを復活させるべく、有志数名で発足した小さな手作りイベント。「うたのいち」という宮古のうたを創り出す音楽イベントの場でもあります。
もちまきもあるそうです!

これらのイベントを、両方表紙にしたパンフレットを作成しました。どちらも表紙。

10/15は町のあちこちで楽しいイベントが繰り広げられるようです!
沿岸の方もそうでない方も、ぜひ足をお運びください。

まんなかマルシェでは、別の企画も進行中!
「みやこじん」という宮古まち歩き手帳創刊プロジェクトです。
1日だけで終わらせたくないという、主催者さんの思いがこもったZINEプロジェクトも
どうぞよろしくお願いします!

(p研究員)

舞台装飾の制作事例

舞台装飾の制作事例をまとめました。
場所や予算などご相談ください。
(p研究員)

【第一回全日本WHITE選手権】(2015.2.11@田舎labo)

 

【第二回全日本WHITE選手権】(2016.2.11@田舎labo)

 

 

【第三回全日本WHITE選手権】(2017.2.11@田舎labo)

 

【かにさわ音楽祭】@田舎labo

 

【UTA-SORA2016】@奥州市水沢区

 

【UTA-SORA2017】@奥州市水沢区
 

 

【オーダーフラッグ】2017.8 @大迫

 

【手づくり結婚式】2017.9.15@盛岡

盛岡八幡旧家リノベーションプロジェクト「八藝舘」ロゴマーク・ポスター・ちらし等

盛岡八幡宮の門前町として栄えた「八幡町」。
まちづくりの一環として、新たなリノベーションプロジェクト(大規模な中古物件の改修によって、周辺エリアを再び活気付けようという動き)が始まっています。

ご依頼頂いたのは、八幡町TOWERS BILLさま。以前ホームページ作成のお手伝いをさせて頂いた会社です。こちらの会社も元々社長自身が中古物件に手を加え、保険代理店業とは思えない洋服屋さんのような手作りの事務所に変身させていました。

そして八幡町の方々と交流していくに従い、町を大好きになった社長は、八幡町エリアに若い世代を呼びたい!町を再び活気づかせたい!熱い思いにより「株式会社盛岡八幡家守舎」を立ち上げました。

田舎laboではリノベーションビルのネーミング、ロゴマーク、ポスター、ちらしといった制作物を再びお手伝いさせていただくことになりました。
図書館をはしごし、古い本を読むうちに、盛岡・八幡町が「芸によって栄えてきた町」ということが分かりました 。「幡街(ばんがい)芸者」、長唄、踊り、三味線など盛岡の芸は全国的にも有名だったようです。

そこで、八幡町に芸が再び宿る場所になってほしいと言う願いを込めて「八藝舘」と名付けました。
若きクリエイターや起業家の貸し事務所として設備の充実した共同の空間と、プライベート空間8室の和室をご用意する予定です。

明治40年代に建てられた建物の方は昔だんご屋さんだったことにちなみ「だんご塔」、昭和20年代に建てられた方は昔せんべい屋だったので「せんべい塔」となりました。


じゃーん。ポスターのための大きな出力紙。


八藝舘 其の壱のロゴマーク。

8とひょうたんを合わせました。アイデアがポンと出るイメージと、
流鏑馬で有名な八幡宮ですのでひょうたんから駒!のイメージです。
「其の壱」ということは、まだまだ先がある?!


八藝舘の八をあしらった「せんべい塔」、「だんご塔」。
「塔」はTOWERS BILLのTOWERにちなみます。


明治40年代に建てられた「だんご塔」にポスターを設置しました。
第一回内覧会(2017年6月18日に開催されました。)

ちらしは更紙に印刷。

模型展示とちらし配布。建物内は自由に入って頂きました。


そして左は第二弾のちらし。少し大きくなりました。
温故知新のリノベーションらしく「八藝舘かわら版」と名付けました。

第2回目の内覧会は7/16(日)盛岡八幡ぽんぽこ市で開催されます!

建物外観は純和風になる予定だそうです。
現場に合わせ刻々と変わる図面。細かく変更されています。

 

明治時代のだんご塔内部に潜入。
このような階段への細工は現代では難しいとのこと。
この階段を生かしたリノベーション完成時が楽しみです。


土壁が見えています。夏でもひんやり感じるのは土壁が息をしているからだそうです。
レトロなガラス戸素敵ですね。

築昭和20年代の「せんべい塔」です。
どんな建物に変わっていくのでしょうか?
ただいま絶賛工事中です!

盛岡八幡ぽんぽこ市はこんな感じで、毎月盛り上がっています!
次回は7/16(日)ですよ!

八藝舘に関する新着情報はこちらをご覧ください。

(p研究員)

クニマスくん 一筆箋

 

一度は絶滅したと思われ、
さかなクンによって山梨県の西湖で「再発見」されたクニマス。
秋田県仙北市田沢湖畔にその奇跡の魚5匹が見られる「田沢湖クニマス未来館」が7月1日に完成します。

秋田の工房北の仲間たちさんと田舎laboが共同企画した新商品
「クニマスくん一筆箋」が発売になります!
「クニマス未来館」さんでのお取り扱いが決定しました。

デザインは3種類。
クニマスが発見された西湖と田沢湖を描いたもの、
ピンクの柄はかわいいクニマスたちが泳ぎ回っているデザイン、
エメラルドグリーンのデザインは松で有名な田沢湖にちなんで
「クニマスの帰りをマツ。」(ダジャレ入ってます!)
各2枚ずつ入っています。

2013年に販売開始した
既におなじみの手ぬぐい2種類もお取り扱いになります。

 

ちなみにクニマス未来館は
辰子姫像のそばのたつこ茶屋の裏側になります。

クニマス学習のために建てられたクニマス未来館。
山梨県からお借りした体長20~25センチほどのクニマス5匹の他にヒメマスなども展示されるそうです。
ぜひ訪れてみてください!

(p研究員)

オーガニックフェスタ2017 ポスター


毎年大勢の方々で賑わうイベントで、自然と調和したライフスタイルを提案する「オーガニックフェスタinいわて」
2017年のポスター・チラシの表面制作を担当させて頂きました。

使用する電気は、太陽光と天ぷら油を使うという徹底したエコ発電屋外ステージで
トークやライブが開かれるこのイベントにならい、
ポスターの文字は使用済み割り箸と墨汁を使って描きました。

2年ごとに場所を変えて行われていますが、
今年は八幡平市の焼走り国際交流村で開かれます。
動物がたくさんいる八幡平焼走りの雄大な景色と
『おかあさんといっしょ』で有名な『すずめがサンバ』かしわ哲さんのスズメ、
『花』の喜納昌吉さんというゲストにちなんで、沖縄の紅型(びんがた)を模した
形や色合いのデザインにしました!
ちなみにこのデザインには白黒バージョンとカラー2種バリエーションがあります。

ただいま出店者さん募集中だそうですよ。
9/9(土)は、田舎laboごん所長率いる「ささごんた」の出演も決まったようです!
キャンプや温泉も大いに楽しんで下さい!

イベントの詳細はこちら↓
オーガニックフェアin いわて2017

(p研究員)

おさかな浜ちゃん ロゴ・キャラクターなど

おさかな浜ちゃんは、気仙沼から花巻に移住してきたおさかな屋さんです。
元気なお父さんとお母さんを中心に、新鮮なおさかなやホタテ、ホヤなどを
花巻に届けてくださっています。

とにか「浜ちゃん」を覚えてもらいたいとのことで
田舎laboでは元気いっぱいのロゴと目立つキャラクターを作らせていただきました。
めでたい「鯛」が、気仙沼大漁旗の「笹」を掲げています。
笹間地区の浜ちゃんと覚えて下さい。

ノボリはこんなにド派手〜!


横断幕もド派手〜!


花巻に来て3周年!
6/24(土)〜25(日)は感謝セールがあるそうです。
11:00〜海苔巻きチャレンジ、串ホタテのお振る舞い!など大サービスのあるこの日。
田舎laboの6月号チラシを持って来て下さった方には粗品進呈(このシールを貼ったプレゼントがあるそうです)とのことですよ。

6月予定表はこちら

(p研究員)

いわいずみ手仕事市2017 フライヤー・ポスター


今年も開催決定!
いわいずみ手仕事市2017
昨年の台風の被害が大きく、開催を心配していた方も多いと思います。
岩泉の皆さんが、いろいろと思い悩んだ末、元気にまたイベントを開いてくださると聞いて
本当にうれしく思います。
みんなで行きましょう!
いわいずみ手仕事市のフライヤーとポスター。
今年は「つぴたあれいわいずみ」名付け親メンバー
岩泉・宮古・盛岡・花巻在住の4人でまたまた楽しく打ち合わせ。

これまでにないフライヤーを作ろうと意見を出し合いました。
そして出来たのがこちら。


いわいずみ手仕事市はここから始まった?!
「てど(技や知恵)」の蔵である「てどの蔵」が表紙です。
なんと上部が開いて、イベント情報が現れます。
そしてさらに開くと、おなじみのレトロ感漂う「うれいら商店街」が登場。
たくさんの個性ある作家さんたちが勢ぞろい!

今回「巨大ドミノ」に挑戦できるようです!ぜひご参加くださいね。
そして裏面は「あっけら館」。こちらにもたくさんの作家さんが集いますよ。

ポスターはこちら。

てどの蔵イベントでは、昨年に引き続き、楽しい「はさみ家紙太郎さん」が登場。
去年いろいろ作って頂いて、家に飾ってある方も多いのでは?
そしてPredawnさんのおしゃれサウンドが聴けるライブもあります!
YouTubeでチェックしましたら、素敵でした。
(整理券が必要です。詳しくは下記まで)

田舎laboも今年も出店させていただきます。
皆さん、岩泉でお会いしましょう!

 

詳細はこちらでチェック↓
つぴたあれいわいずみ実行委員会事務局
ナドダーノさんのブログ

(p研究員)

賢治最中本舗さま 手作り最中パッケージ・暖簾文字

花巻の名物「賢治最中」をご存知でしょうか?
昭和30年に始まった老舗の特大最中(14センチ)で、ものすごいインパクトのある最中です。
宮沢賢治の有名な詩の一説「雨ニモマケズ風ニモマケズ」を入れるために
ここまで大きくなったそうです。
創業者の方のパイオニア精神が感じられる一品です。

その賢治最中本舗さんが、「最中専門店」としてリニューアルし
そこで育ったお嬢さん方が、日夜手作りで改装しているというお話を伺いました。
そして新商品として考案中の創作最中のパッケージのご相談がありました。
最中の皮に、餡を入れないでチョコや地元の雑穀といった新しい素材を組み合わせる
賢治最中本舗さんならではの新しいお菓子です。
(姉妹店でパティスリーアンジュという洋菓子店をやっておられます)

考えても何も出ない頭なので、、図書館などで宮沢賢治の本を調べ、
ご提案したのが「もなど」。
哲学的な表現で精神的な最小単位を表すという「モナド」が元で、
賢治さんが「銀のモナド」など作品にも使っていた言葉を見つけました。
「もなか」に音が似ているけど、新しい響き。
新しいお菓子にぴったりなのでは?とご提案したところ採用頂きました。


6種類の新しい最中「白雪のもなど」「琥珀のもなど」「野原のもなど」「黒葡萄のもなど」「瑪瑙(めのう)のもなど」「銀河のもなど」は、
全て賢治さんの童話に出てくる動物をモチーフにネーミング。
何の童話かは当ててみてください。
中でも「瑪瑙のもなど」は、
田舎laboで取り扱っている岩泉の早野商店さんの食用ほおずきをトッピングに採用して頂き、
岩泉の花巻支部?の田舎laboとしては、橋渡しが出来てとても嬉しかったです。
動物が賢治さんの帽子をかぶっているのは、お嬢さんのらくがきが元になっています。
どれも新しい食感と味で、美味しい「もなど」となりました。

次の課題は、「手作り最中(合わせ最中)」
皮と餡を分けてあるため、パリッと感を残し日持ちも長くなるという商品です。
日持ちが長いということは、花巻の新しい持ち帰りのお土産になると思い、
賢治さんの代表的な童話「銀河鉄道の夜」をモチーフにしたいと思いましたが
普通に描いても何かしっくり来ないな・・と思っていたところ、
ある日の打ち合わせ中に、黒板(賢治さんが「下ノ 畑ニ 居リマス」と書いた)に
チョークで銀河鉄道を描くという、一種パラドクス的な案がひらめき
一気に出来上がりました。



目指した「羅須地人協会」の教室感も黒板とチョークで表現。
また箱は1種類のデザインですが、組み合わせると鉄道がどんどん伸びていきます。
側面に隠し賢治さんが居ますよ。
(さらに隠し田舎laboもどこかに・・・; )
箱は別売りもできるので、自分の好きな「もなど」を入れることも出来ます。


しおりはこのような両A面です。

 


もなど3個パックのシール。裏側も見てね。

そしてそして、なんと
賢治最中本舗さんの暖簾文字とマークまで
描かせていただくことになりました。
大変ありがたいことです。
暖簾の製作は地元花巻の伊藤染工場さんだそうです。素敵ですね。

羅須地人協会がモデルとなったレトロな雰囲気の賢治最中本舗さん。
縁側のようなお茶を飲めるくつろぎのスペースで、
手作りの温かい店内は、花巻にいらっしゃった時はぜひ訪れて頂きたいお店です。
賢治さんは「中ノ オ店ニ 居リマス」らしいです。
(お店の本物の黒板アートは、お嬢さんの手によるものです)

2017年4月1日にリニューアルオープンした
賢治最中本舗さんのホームページはこちら
facebookはこちらです。

(p研究員)

 

kitakami gohanプロジェクト ロゴマーク・ポスター・名刺・WEBサイト・イベントフライヤーなど

北上市では素敵な「農」の取り組みが始まっています。

生産者のこだわり・思いを、遠い存在であった消費者まで
近く、すぐそばにつながる仕組みや取組みをしている
生産者、販売店、飲食店、加工業者を認証して、
北上産品の信頼性を高める、というものです。

 

北上市の農とその周辺を、実際に見たり、体験したり感じてもらおうというこの取り組み。
いわてNPO-NETサポートさんプロデュース(町分マルシェなどを企画しているあの方です!)のもと、素敵な女性カメラマンさんと撮影して回りました。
田舎laboではロゴマークやポスター、名刺、WEBサイト制作をいたしました。
その名も「kitakami gohan」!


第一回目の認証者さんの紹介のポスターです。
かっこいい生産者さんたちや楽しいお店の方々そのままを紹介したく
写真をふんだんに使用しました。
北上の風景を中心に様々な生産者さんや事業所さんが
「つながっていく」イメージを表現してみました。


こちらは生産者さんのポスター。
みなさんいい顔されていますね。
目指すものがある方達は輝いています!
多くは言わず、あえてシンプルなデザインに。


名刺。
こちらは柔らかいイメージの上質な紙を使用させて頂きました。
好評だったようで、すでになくなった生産者さんもいらっしゃるとか?!

 

昨年末から始まったNPOさん企画の
農と食のイベントのフライヤーも作らせて頂きました。
どの会も満席だったようです!

 

そしてWEB制作
kitakami gohan

できる限りシンプルにお伝えできるように制作いたしました。
WEBサイト制作については後ほど別途記載あるかと思います。

 

 

こちらの「食のつながり」認証制度事業は
現在、第二回の認証者さんも増えて
継続制作真っ只中!!
新しい認証者さんのポスターなども楽しみにしていてください。

詳細はこちら
北上市
特定非営利活動法人いわてNPO-NETサポートさんが運営しています。

FB Kitakami gohan

 

何といっても女3人の取材行脚がとっても楽しいp研究員でした。

 

イーサゴ ナーセリー&ガーデン様 パンフレット制作

花巻の新しいテーマパーク誕生。

花巻・東和町に広大な敷地のクレマチスを中心とした
ガーデンショップが昨年オープン!
実は2014アート@つちざわのギャラリーコシカさんの
鬼の展示会場にもなっていた及川フラグリーンさんの敷地内なんです。

今回イーサゴさまの年間パンフレットを、
川嶋印刷花巻営業所さまのコーディネートで制作させて頂きました。

キービジュアルとして、すでにロゴと素敵なイメージイラスト数点があり、
なんといっても「寅蔵」さんという謎の人物と虚実混在の物語があるという
とっても面白い設定の上でのデザイン展開作業でした。


「イーサゴ」という聞いたことのない言葉。
その成り立ちから物語は始まります。


寅蔵さん、イーサゴガーデンの中で色んな痕跡を残しつつ
今はもういません。。いやいるのかも?
物語は劇的に語られます。


クレマチスの不思議な雰囲気を持つ植物たち。
イーサゴの中には居心地の良い空間が広がります。
ガーデン・シェッド、コーヒー・スタンド、キッズ・ハウスといった
木造の施設。クラマチス売り場や広いガーデン。
賢治の童話「どんぐりと山猫」で繰り広げられるような野原の教室のようなワークショップスペース。

どれをとっても素敵なスペースばかり。
本当にここは花巻?

秘密基地への地図のメージで鳥瞰マップを作成しました。
真冬の取材で雪深いガーデンの中、文字通り「探検」で
雪をかき分けながらの取材でしたが、
頭の中は春のぽかぽかした空気の庭を想像できました。

こんな美しい庭の中でクレマチスを眺めながら
飲むコーヒーは格別だと思います。


川嶋印刷さんのしっかりした印刷としっとりした紙。
上品な感じに仕上がりました。

クレマチスの鉢植えや庭植えワークショップや
ガーデンピクニックといった楽しいイベントが
土日を中心に開かれる予定だそうです。
百聞は一見にしかず。
ぜひお気軽に足をお運びいただき、
寅蔵さんの痕跡を探してみてください。

イーサゴ ナーセリー&ガーデンの詳しい情報はこちらです。 http://www.iisago.com/

 

(p研究員)

マルカンビル大食堂さま ピンバッジ・ロゴ・カード・ソフトクリーム回数券など

2017年2月20日、見事復活を遂げた
花巻のマルカンビル大食堂さんのオープニングに向けて、
田舎laboでも一部アイテムのデザイン制作に関わらせて頂きましたので
一挙ご紹介!

 


こちらはマルカンビル1F 5th SEASONさんのオリジナル商品
ピンバッジはご依頼主marble+さんに合わせた雰囲気で
かわいくもエレガントになるように、
また男性がつけても良いようなシンプルなデザインにしました。
台紙はインパクトのある赤、マルカンのロゴの色です。
シンプルにした分、文字に工夫をしてみようと、
元のマルカンのロゴに似せて「ソフトクリーム」という文字もつくってみました。
先人のデザインセンス、昭和感、似せようと思うと意外とバランスが難しいもんで細かい部分でいろいろ苦心しました。


5th SEASONのカフェで販売されているプティシュシュタナカさんの
ソフトクリームクッキーのパッケージにも採用されました。
バニラ風味の美味しいクッキーで大ヒットのようです。
おしゃれなカフェで、NAGASAWAコーヒーさんブレンドの
美味しいコーヒーとご一緒にぜひどうぞ。

 

…さてここで話は終わろうかという結末に
意外な展開が!?

 

 

「ソフトクリーム」という文字をきっかけに・・
こちら!
↓ ↓ ↓

じゃーん!

なんと本体の「マルカンビル大食堂」というロゴまで作らせて頂ける
名誉に預かりました!
「ビル大食堂」を作った感じですね。
田舎laboではメンバー全員であーでもないこーでもないと
フォントを一文字一文字吟味しました。
レトロだけど勢いの感じる新しい雰囲気が出るように。。
どうでしょうか?


そしてタナボタ的にソフトクリーム回数券まで制作。
クウラウドファウンディングで寄付して下さった方への
贈り物です。

…高額寄付者様への幻のプラチナカード・ゴールドカード!
このリッチな質感にマルカンソフトクリームとロゴがっ!
こういうカード作るの初めてでしたので
キラッキラな完成品見たときはテンション上がりました。

 

マルカンビル大食堂さんの情報更新はこちらから
6F 大食堂
1F 5thSEASON

 

 

…そしてちょっとだけ宣伝。


5th SEASONさんで田舎labo製品として「ソフトクリーム一筆箋」もお取り扱いが始まりました。ピンク6枚、イエロー6枚の計12枚入りです。
こっちはlaboバージョンのソフトクリームです。
似てるけどちょっと違うんです;

以前台紙を作らせていただいた
いわてスターブランドさんのマルカンソフトクリームストラップ
5th SEASONさんでも大好評だそうです。

たくさんのソフトクリームグッズを作らせていただくことになって
夢が叶って本当に嬉しい限りです。

(p研究員)

はり・灸・あん摩・マッサージ・指圧「暖」さまパンフレット

はり・灸・あん摩・マッサージ・指圧「暖」さまパンフレット

「もぐさ」って何で出来てるか、皆さん知ってますか?
私は知らなかった。。「よもぎ」をスリコギで擂ったふわふわのところだそうです。
お灸にする時は手作業で形もさまざまに。
鍼(はり)は「針」ではない。
取材させて頂くと新たな知らない世界が待っています。
「お灸女子」なる言葉もあるそうで、密かに若い女性にも人気だそうです。

親切に優しく教えていただいたのは、
花巻にこの度開業された若い女性の先生です。
先生のほんわかした雰囲気と施設の心地よさを表現したいなと、
あえて専門用語は使わず、若い方にもふと手にとってもらえそうな
優しくさわやかな配色にしてみました。

よもぎ柄にしたのは
発見と驚きの表れです(笑)

千葉でキャリアを積まれた確かな技術の先生です。
お灸教室も各所で開催されているようですので
ぜひ気軽に連絡してみてください。
(要予約)

はり灸あん摩マッサージ指圧「暖」さんのホームページはこちらです。

ギャラリー+喫茶「豆」さまパンフレット

ギャラリー+喫茶「豆」さま パンフレットをデザイン制作させていただきました。

豆さんは矢巾町の長澤忍建築舎さん並びの、南昌山の山並みが見渡せる
とても良い眺めのギャラリー喫茶です。
2005年創設ですので、ご存知の方も多いと思います。
いつもたくさんのお客様で賑わっています。

ご自分でDMやパンフレットを作られていたというオーナーさま。
他に依頼するのは初めてだそうです。ありがたいことです。

なぜ豆というのだろう・・?
今回のパンフレットでは、自分が気になった部分をテーマに
「豆」の名前の通り小さく簡潔に表現してみました。

名前の由来は「小さな豆粒が自然の恵みを受けて育つ、皆さんに育てられて成長していく」という願いが込められているとのこと。
色んな豆を登場させてみました。
豆がそれぞれの成長の仕方で、大きく育つといいな!と思います。
今現在は4つの豆(ギャラリー、喫茶、レンタルボックス、刺繍)が成長中。
これからもたくさんの豆が少しずつ成長していくに違いありません。

美味しい焼きカレーをはじめ、楽しい商品が続々登場するお店です。
ぜひ一度訪れてみてください。

パンフレット裏面にある小さな「豆」の
小さな世界も覗いてみてくださいね。

ギャラリー+喫茶 豆さんのブログはこちらです。

(p研究員)

 

 

花巻市東和町のほろ酔い柿 パッケージ

【デザイン研究室 納品情報】
花巻市東和町のほろ酔い柿 パッケージ

10/9、10に開催された花巻・いわていいもの市で誕生した
新しいパッケージの「ほろ酔い柿」
実行委員会で、わいわい意見を出し合いました。
手間暇かけてじっくり作られた、じんわりと優しい味わいが特長です。

包装紙は、花巻・東和町の手漉き和紙「成島和紙」を使用し、製造過程を手描きのイラストで描きました。たくさんの材料と過程と愛情がこの柿に詰まっているイメージを表現しました。
包装紙は裏側に罫線が印刷してありますので、ご購入後は一筆箋としてもご利用いただけます。
当日も好評をいただき完売となりました。ありがとうございます。

そして、イベント後も引き続き
同じ包装紙をご利用いただけることになりました!
今週末に開かれる「土沢アートクラフトフェア」に出展されます。
2箇所の展示・販売で、
紹介展示は、花巻信用金庫東和支店西側の若専商店内“いだますネットワーク”、
販売は、東和総合支所近く、猿舘酒店向かいの佐々寅商店隣駐車場の「つちざわ屋台村」の黄色いテントの一部で販売となります。

限定25個だそうです!今年の分はこれで最後だとか。
みなさまどうぞお立ち寄りいただければと思います。

(p研究員)
img_0053

第5回 Machibun Marche ポスター・パンフレット

【デザイン研究室 納品情報】

第5回 Machibun Marche ポスター・パンフレット

今年も作らせていただきました。
パンフレットは、オーガニックな雰囲気を感じさせる片面がざらっとした質感の紙を使用。
秋の収穫物を包み込み、楽しいイベントをお客様にお届けしたいという気持ちで、
『包装紙』をイメージしてデザインしました。

中面には隠しアイテムで、封筒が隠されています。
イベントが終わった後は、ぜひご利用くださいね^^

 

img_0028
10/30(日)に開催されるこのイベントに
田舎laboもワークショップ部門で参加します!
このパンフレットに描いた農産物のイラストを
シルクスクリーンの版画にしました。
ふきんや手ぬぐいを刷って手作りしてみよう!
という研究室になります。
素材は未晒綿を仕入れました。
「苛性ソーダを使用しない酵素精錬しているので厨房用に安心」な木綿です。

img_0029
10:00〜11:00 『米』
11:00〜12:00 『栗』
12:00〜13:00 『柿』
13:00〜14:00 『芋の子』
14:00〜15:00 『レンコン』
汚れても良い服装でご参加ください!(エプロンは貸し出します)
参加費:ふきん500円、手拭い:1,000円

ご参加お待ちしています。

町分マルシェFB
https://www.facebook.com/Machibun-Marche-669964296394789/…

(p研究員)

安藤醸造 麹くらぶ様 ミニお米袋用シール

【デザイン研究室 納品情報】
安藤醸造 麹くらぶ様 ミニお米袋用シール

昨年度誕生したお米300g入りタイプのラインナップに、
新種のロゴタイプを追加制作させていただきました。

秋田の安藤醸造様では味噌や麹の原料のお米づくりにも
大変力を入れていらっしゃいます。
今年度の新米から新たに「つぶぞろい」という品種も加わりました!
「粒が大きく美味しい」
粒が大きく柔らかい食感。
粘り・味・香りのバランスの良いお米だそうです。
どんな味かは、ぜひ安藤醸造様でお買い求めくださいね!

(p研究員)

img_0018

ル・テリエ、ル・テリエ プチ様 お店紹介パンフレット

【デザイン研究室 納品情報】
ル・テリエ、ル・テリエ プチ様 お店紹介パンフレット

リピートを重ねてもう何刷になるのでしょうか?
おそらく10年位は関わらせていただいてますル・テリエ様のパンフレット。
今秋、再びリニューアルしました!

今回は看板犬のコーギー、サニーちゃんの小さい頃の写真が表紙。
かわいい表情なので、多くのお客様に手に取っていただいています。
ル・テリエさんはプチ店と合わせて、現在2店舗!
丁寧なケアで多くの皆様に長年愛されております。

今回のパンフレットには、お得情報が満載。
ぜひご活用ください。

(p研究員)

img_9219

花巻・いわていいもの市  ポスター・パンフレット・スタンプデザイン制作・撮影など

【デザイン研究室 納品情報】

花巻・いわていいもの市
ポスター・パンフレット・スタンプデザイン制作・撮影など

1ヶ月後の10/9(日)、10(祝・月)
いわて国体に合わせて花巻の玄関口、駅前のなはんプラザで
「いいもの」を集めた展示販売会が開かれます!

花巻とその周辺の歴史ある伝統文化を感じて頂きたく
和なテイストでデザインしました。
ワークショップで成島和紙はがきに押すスタンプ柄も
新たに制作しました。
img_8672

商品撮影も全て実行委員会の手作業です!
和紙を背景にした忍び駒、ちょっといい雰囲気ではないでしょうか。

dsc_0283

花巻の「忍び駒」や「成島和紙」「さき織り」に
スポットを当てた企画、
こんなの今までなかった〜!という「いいもの市」ならではの
「銘菓」「酒・つまみ」の『花巻いいものBox』や、
「花巻焼菓子」も新たに開発!←これが非常に美味しいのです。

イベントには、花巻の郷土料理を提供するレストランがお目見えするほか、地元の美味しいレストランやカフェ、農産物マルシェなども多数出店予定です。お誘い合わせの上お越しください。

実行委員会は花巻在住のカフェや雑貨店の女性たちで
はじめ、ご相談の話を聞いてびっくり。
こんなに短期間でこんなたくさんの企画をやるのかあ!!と正直驚きましたが、なんとかなるのが不思議なパワフルな女性たちです(笑)というか、まだまだ進行中です;

田舎laboでもBaanGajaさんとのコラボ商品、花巻「tabiシリーズ」の出品を予定しています。
ぜひお手に取ってご覧ください。
※田舎laboでの出店はありません

[花巻・いわていいもの市 Facebook]
https://www.facebook.com/hanamakiiwateiimono1/

(p研究員)

台風10号復旧支援コーナー

14225405_1760482737497044_1379654666122668768_n
【台風10号復旧支援コーナー】開設します。
今回の台風の被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。
岩泉の商品を集め、販売する特設コーナーを設けました。今後増やしていきます!

【岩泉復旧支援募金】
特に被害の大きかった岩泉の復旧の為に支援募金を開設します。募金の行き先は改めてお知らせします。

 

【岩泉復旧支援特設サイト】を設けました。

http://101zm.inakalabo.jp/

(岩泉にいつもお世話になっている田舎labo一同)

釜石てっぱん映画祭 ロゴマーク・ポスター・チラシ・パンフレット・のぼり

【デザイン研究室 納品情報】

釜石てっぱん映画祭
ロゴマーク・ポスター・チラシ・パンフレット・のぼりを
デザイン制作させて頂きました!

かつて映画館のあった釜石に再び映画文化を再生し、
映画を通じた「心の復興」を目指す映画祭です。

釜石や沿岸の皆さんのネットワークが詰まった
手作りの映画祭です。
地元のフラダンスや劇団の公演もあり、
俳優永瀬正敏さんも応援に駆けつけてくれるという
素晴らしい企画内容となっているようです。

上映作品は、今の釜石市民の皆さんがてっぱんだ!と思う
映画ばかり。
この後19時〜1回目の上映が始まります。
今日から3日間の映画祭!
ぜひ足をお運びください。

田舎laboも応援しています!

(p研究員)