JoyKos様 炭化コルクサンプル説明書

花巻にこんな画期的な住宅システムがあったんです!
JoyKos様の炭化コルクを使った建材を紹介する説明書を
制作させて頂きました!

炭化コルクってあまり聞きなれない言葉ですが、
ポルトガルでとれるコルク樫皮を高温で加熱したものを
ウレタンで建材の中に埋め込み、従来のものとは全く違う工法で作られた建材です。
細かい穴がたくさん開いている炭には、防臭・調湿の効果があり、
ウレタンは高気密で室内を密閉するので、室内を一定の温度で保てるのです。そこに計算された換気システムを導入すると、空気の循環が始まり、きれいな空気だけが部屋を回るそうなんです。
言葉では難しいかな?ご興味を持たれた方は、JoyKosさんにご連絡してみてください。アトピーも改善し地震にも強いという不思議な建築用パネルなんです。

炭化コルクの端切がたくさんあり、今までも配布されてきたそうなのですが、手描きのイラストを加え少しリニューアルさせて頂きました。
角をカットすると家の形になり、2つ折りすると家型の説明書になるのです。炭化コルクの端切と一緒にパッケージしました。
消臭剤にもなりますし、なべ敷きなどにもお使いいただけます。 
炭化コルクは見た目もかっこいい。

地図は、曲がる場所が分かりやすいようにあらためて作りました。花巻の小瀬川にあるJoyKosさんの本社です。
山の中の隠れ家的な場所にあり、手作りの素敵なガーデンに囲まれた
静かな場所にあるんですよ〜!

ジョイ・コス住宅システムさんのホームページはこちらです。http://joykos.co.jp/

 

ホテル志戸平様Weddingパンフレット・ブライダルフェアDM

田舎laboのある花巻南温泉峡入り口から2番目の開業1830年の老舗、
ホテル志戸平様のウェディングご紹介用のパンフレットとブライダルフェア用のDMを制作させて頂きました!

いつもわくわく楽し〜いホテル志戸平さん✨
スッキリ爽やかな美しい青空のもと行われる
ハッピーなウェディングパーティをイメージして
ブルーを基調とした点描で表現しました。

パンフレットの中面は、お二人のご来館から挙式、披露宴、宿泊までの
ウェディングの1日をご紹介しました。3種類のテーマに沿った披露宴会場が選べるんです♪

最高に楽しいホテル志戸平での1日。
どうか幸せいっぱいの日をお過ごし下さい!!

そして10月と11月には秋冬のブライダルフェアが開かれます。
パンフレットのイラストシリーズでダイレクトメールを作らせて頂きました。

ドレスの試着や婚礼料理の試食、プランナー相談会があります。
来年1~3月までに結婚式を挙げて頂く方には
冬ならではのかなりお得な特典だそうです!
予約をして頂くと優先的にご案内頂けるようです。

ホテル志戸平様のホームページはこちら♪
http://www.shidotaira.co.jp/

facebookページはこちらです。
https://www.facebook.com/pg/shidotaira/about/?ref=page_internal

コミュニティーアート「私の好きな花巻」壁画の原画


来場者みんなでつくるコミュニティーアート
『私の好きな花巻』をピースに書いて貼る巨大アートが10/14
どでびっくり市同時開催のハロウインフェスタ(花巻市上町)に出現します。

こちらの縦1.4メートル×横5.5メートルの巨大絵の原画制作と
パーツ制作を担当させていただきました。
5.5mとはなんとベニヤ板6枚分!!

ジャーン

じゃーん

にゃーん

下塗りは花巻青年会議所さん
デザイン画から板へのトレースはこいも研究員、ごん所長と総出です!
この上に貼るパーツは花巻のMHdesignさんにお願いしました。

その数330枚!!キレイに仕上げて頂きありがとうございました!!

このパーツに青年会議所さんで色を塗って、
当日は皆さんに「私の好きな花巻」のテーマでメッセージを書いていただきます❗️
楽しみですね!
オール花巻で作り上げましょう。

イーハトーブハロウィンフェスタ2018~アートではなまきをもっとみんなの街に~
10/14(日)10時スタート!15時まで。
場所は花巻市上町 どでびっくり市会場内(旧エセナ側)入場自由・入場無料(コミュニティーアート制作は先着150名)だそうです。

詳しくは花巻青年会議所ホームページ、フェイスブックページをご覧ください♪

🎃イーハトーブハロウィンフェスタ2018の情報はこちらです🎃
ホームページ
Facebookページ

(p研究員)

秋彩こみちinかくのだて2018 ポスター・フライヤー


秋田・角館に90店舗の作家さん、ショップ、フード店が集うクラフト市
「秋彩こみちinかくのだて2018」のイベントポスター、チラシのデザインを
2017に引き続き制作させていただきました。

気づいた方はいらっしゃったでしょうか?今回は桜並木が横位置です!
ポスターを貼っていただく時に
たくさん並べると横に長〜く桜並木が伸びる仕組みになっています。
青色は桜の木陰と角館のシンボル的桧木内川をイメージしています。
たくさんの作品たちが皆さまをお待ちしています。

「ココロにいいもの カラダにいいもの あきいろの桜並木に集います。」
今年はどんな作家さんが集うのでしょうか?楽しみですね。

角館と言えば桧木内川の桜並木、シダレザクラと武家屋敷をすぐに思い浮かべるほど
桜の木がたくさんで素晴らしい景観を私たちに見せてくれています。
秋の紅葉季節の桧木内川で、色づいた桜並木を作品を堪能しつつ歩いて見てくださいね!

ホームページはこちらです。
http://www.akiiro-komichi.com/

田舎laboもショップ部門で参加させていただきます!
110/13、14は角館でお会いしましょう!

(p研究員)

kitakami gohan「畑の春夏秋冬×タヴェルナ収穫祭」フライヤー・チケット

kitakami gohan プレゼンツ

「畑の春夏秋冬×タヴェルナ収穫祭」フライヤーとチケット のデザインを担当しました。

岩手県北上市の「食のつながり」認証制度や認証対象者を広く知っていただくための情報発信が、
「kitakami gohan」です。

認証者の「うるおい春夏秋冬」の高橋賢さんの畑で収穫体験をした後、
地元のシェフと一緒に調理して、その場でお料理をいただく、青空レストランを開催するとのこと。
みずみずしい野菜たちを表現するにはどうしたら?と考え、
今回は水彩で描いた野菜たちをパーティ感のあるよう楽しく並べ、透ける紙へ印刷!

新鮮さを感じるフライヤーになりましたでしょうか?
当日のお皿には、羽田空港内のラウンジでも採用されている、竹とさとうきびの繊維でできた環境に優しく、普遍的な和の美しさをもつお皿「WASARA」を使用するとのことで、その真っ白なお皿のイメージを背景にしました。


チケット50枚はそれぞれ当日使用されるであろう野菜たちのガーデンパーティをイメージしました。

気になった方はkitakami gohan ぜひチェックしてみて下さいね。
http://kitakamigohan.com/

 

(p研究員)

奥州南部鉄器 鉄分補給パンフレット・特設サイト

鉄分足りていますか?
スタミナがなくなったり、爪が白くなったり、氷が無性に食べたくなったら要注意!
鉄分を補給しましょう〜!ということで・・

田舎laboプロデュース「奥州南部鉄器・鉄分補給パンフレット」が出来ました!

岩手県といえば有名なのが「南部鉄器」。
歴史も古く平安時代後期に遡るほど。
現在でも、盛岡と奥州(水沢)を中心に生産されています。

昔は鉄器生活が主流で、鉄分補給が自然となされていたそうなのですが、
現代の調理器具ではなかなか摂ることが少なくなってきました。
そこで開発された「鉄玉子」他鉄分補給グッズ。
その使い方も含めて日常に鉄器を使っていただくことをおすすめするパンフレットです。
奥州南部鉄器館(←大谷翔平選手の鋳物の手と握手できます!)他、お買い上げ時に配布される予定です。

特設サイトも制作させていただきました。
http://oshu-nanbutekki.com/

日常に南部鉄器、ぜひお使いください。

(p研究員)

まんなかマルシェたなばたの星まつり ポスター・フライヤー

音楽と食、市民作家の作品が一度に楽しめる1日限りのマルシェ、
宮古のまんなかマルシェ2018のポスター・フライヤーを制作させていただきました。
7/7の七夕に開かれるのは「たなばたの星まつり」

箱舟に乗る星座の神たちは、宮古のアーティストfumikotenさんの独特なタッチで描かれた
かき下ろしイラスト。宮古にはたくさんの才能があるんですね!

「たなばたの星まつり」のロゴタイプは、今回オリジナルで制作しました。
名付けて「笹フォント」?!
そう、大きな笹のたなばた飾りが登場するそうなんです。

フライヤーを有効活用?!キリトリ線で切って願いを書く「短冊」にもなります。


そして裏はシールラリーを貼って楽しむカードにもなるんです!
12星座シールは会場に隠されているそうですよ〜
自由に貼って自分だけのカードを完成させてくださいね。

有効活用しすぎ?!ですかね・・
資源は大切に。

「あいのうた」でお馴染み
ウクレレのツジヤマガクさんが、楽しいワークショップも開催してくれるそうです。
そして宮古の古蔵のミニシアター「シネマデアエル」さんで映画も同時開催
夜にはライブも行われるようです。

 まんなかマルシェ

楽しいことまちがいなしの七夕の1日。
お友達やご家族で、宮古の中央通商店街を散策してみてくださいね♪

(p研究員)

クラフトアートいちびっと様 パンフレット

東和町土沢商店街に新しいクラフトスポットが誕生しました。
こっぽら土澤の1Fの奥「クラフトアート いちびっと」さんです。
パンフレットを制作させていただきました。

マーケットの「市」と「人」をつなぐお店です。
お店のロゴタイプを作られたのは、東和在住彫刻家の菅沼緑さん!

あれ?「クラフトアート」の文字がなんだか逆さになってる?!
間違いじゃない?と思った方もいらっしゃるかと思いますが、、

アートクラフトフェアでも有名な、アートのまちつちざわ
彫刻作品を鑑賞するように、四方八方から眺めていただきたくて
ぐるぐる回して見るちょっと斬新なパンフレットとなりました!

白い素敵な空間に30を超えるクラフト作家さんの手作りの作品や
本物のアート作品が並びます。
町の身近な美術館ですね。

土澤アートクラフトフェアがいつでも味わえる「いちびっと」
18時までの営業時間も魅力的です。
アートのまち土澤にお越しの際は、ぜひ覗いてみてください。

FB:クラフトアートいちびいちびっと

(p研究員)

いわいずみ手仕事市2018

いわいずみ手仕事市、残念ながら今回で最後とすることになったそうです。

私たちをすっかり岩泉のとりこにして、あっけらかんと「こんにちは」と「ほんだらね〜」をする2人の子供。
ラストを飾る表紙は、いわいずみ手仕事市を始めたうちの一人、羊毛フェルト作家のsattapettaさんの子供たちです。
まるで生きているような表情です。

実はこの子達は、記念すべき第一回に登場した子供たちなんです。
5年経ってリアルになって手仕事市を探索します!

うれいら商店街には、岩泉やお隣の宮古、盛岡、花巻、県外からもたくさんの手仕事人が集います。
もう資料を見ないでも町の構造が思い浮かべられるようになりましたね!

今回は電車が走る?!という企画、どんなになるのでしょう?
このチラシを作成した段階では謎に包まれていたので全く分かりませんが、とても楽しみです。
つぴたあれいわいずみ実行委員会さんの実行力は、半端ないのです。
商店街を貫く流しそうめんや、巨大ドミノ倒しを出現させてしまった夢の詰まった子供の心を持った本気の大人たち、それがつぴたあれいわいずみの皆さんです。


ポスターは、主催されるナドダーノさんの近くの橋から撮った夕景と、うれいら商店街と人形たちの合成。合成のファンタジー感で一層、いわいずみが物語の中の町のように思えてきます。

いわいずみ手仕事市のポスターやチラシは、2015年から4年間手がけさせて頂きました。本当にたくさんの思い出をありがとうございました。

6/9(土)、10(日)
田舎laboでは今回ファイナルを一目見ようと、メンバー3人でおじゃまします。
皆んなでいわいずみにつぴたあれ〜!

(人形の写真合成担当:p研究員)

山小屋カフェkurakakeさま パンフレット

花巻・高松に新たなカフェが誕生しました!
以前の田舎laboのあった場所から、東和よりのすぐ先に出来ました。
その名も「山小屋カフェ kurakake」
こちらのパンフレット制作をお手伝いしました。

kurakakeは、人里離れて、ひたすらのんびりしたい時にオススメです。
うたた寝OK、長いミーティングOK、おひとりさまもくつろげます。
たくさんの本やひざ掛け、シェラフなどもあって、山小屋感満載で楽しい場所です。

近所の果樹園さんが直接運営されているので、
果物を使ったジュースや軽食メニューはとても充実しています。
丁寧に淹れるコーヒーはじめ店主さんご自慢の美味しそうなメニューばかり!
店主さん直筆、手書きの黒板メニューボードは、迷って目移りしますよ〜。

棚のスペースはレンタルボックスになっていて、いろんな作品も楽しめるようです。

4月から本格OPEN!
お店の詳細はFacebookでご確認ください。
山小屋カフェkurakake

(p研究員)

 

東和農旅Map

東和農旅Mapが出来ました!

花巻市東和町の日常とあたたかい「人」をテーマに作ったマップです。
こちらは、東和地域交流のまちづくり協議会さんが
何度かのワークショップを重ね、町の皆さんから出た意見を元に作られました。

東和に残る棚田風景と野の花が表紙。
ありのままの東和を知っていただく地図です。
初版の紙は、懐かしい雰囲気のあるバフン紙を使用しました。

東和は、芸術家や工芸の先人を輩出した町としても有名で、
最近では何万人も集まるという「土澤アートクラフトフェア」(今年は5/3,4と秋にあります。)で
馴染みのある土沢商店街もクローズアップしています。

農業や地域を知る体験メニューも豊富に掲載していますよ。
味噌蔵見学やヤギと触れ合うホテルなど、魅力的ですね!


農村体験や紙すき、わら細工など古くから伝わる技術が、日常にたくさん残っています。
クレマチスのiisagoさんやアイガモ農法の農園などの見所も満載!

この地図を発行した東和地域交流のまちづくり協議会さんでは、
東和町を面白くする企画をたくさん進行中!
その秘密基地?!「東和おもしろ作戦研究所」は、
たこ焼きの松葉さんの2件ほど先の「旧若専商店」にあります。
のんびりお茶っこ飲んだり、東和の町を案内してもらえるかも!
ぜひ遊びに行ってみてください。

東和農旅についての詳細はこちら
東和農旅ホームページ

(p研究員)

 

ゆぐちず

田舎laboの周辺を花巻市「湯口地区」と言います。
その湯口地区の地図を作らせていただきました。
その名も「ゆぐちず」!
タイトルには湯口の春夏秋冬が入っています。

湯口地区は名前の通り、温泉峡の入り口として有名ですが、
なめとこ山の熊と熊堂古墳コラボ?円万寺神楽、鍋倉鹿踊、ハコショウさんの呑んべえ漬、バックシュトゥーベさん、銀の鳩さんのお菓子やパンなどなど、温泉以外にも楽しめるものが盛りだくさんなんです!

皆さんにオススメしたいポイントもたくさん載せました。
郷土芸能も盛んなんですよ。

湯口地区のマップは手描きで描きました。

地図内を案内するキャラクターは、
花巻の木工作家さんのMH designさんのオリジナル「鍋倉鹿踊」の春日くんです。

発行元の湯口地区コミュニティ会議さんは、ホタルの目撃情報も集めていらっしゃいます。今まで集まった情報を地図に入れ込んでみました。

湯口地区コミュニティ会議さんでは、地域情報の発信を積極的にされています。
ゆぐちずに掲載されていない楽しいお店や、知られていない面白い情報など、口コミ情報も募集しています。
Facebookチェックしてみてくださいね!

湯口地区コミュニティ会議 FB

 

今回、湯口地区コミュニティ会議さんのご厚意で
なんと田舎laboも掲載せていただきました。ありがとうございます!
田舎laboにも数部置いてありますので、ぜひお持ちくださいね。

(p研究員)

 

iisago2018パンフレット

昨年に引き続きイーサゴ ナーサリー&ガーデンさまの
パンフレットのデザインを担当しました。

表紙に「2018」
クレマチスの花の色も、昨年とは微妙に変わっていますよ。
その他にも少しずつマイナーチェンジしています。
どこが変わったか分かったらイーサゴ通!

今年は「ガーデン・カフェ・トラゾウ」要チェックですね!

もうすぐオープン!準備も急ピッチで進んでいるようです。

花巻・東和のステキガーデン、イーサゴさんへ今年もGoですよ〜
田舎laboにもパンフレット置いています。
気になった方はお手にとってご覧ください。

 

iisago nursery&garden 公式ホームページはこちら

http://www.iisago.com/

 

Facebookページはこちらです。
https://www.facebook.com/iisago/

(p研究員)

大船渡津波伝承館さま イベントフライヤー・つなみ学習マップシール

大船渡津波伝承館さまからのご依頼で
「大船渡DE未来ウォークラリー8/5000」イベントフライヤーと
「大船渡つなみ学習シール」を制作しました。

5000年先への未来へ伝え続けるために
津波の記憶と学びを体験するウォークラリーのイベントとして、
震災から8年目の歩みを始めた今年も、3/10に開催されました。

明治三陸津波、昭和三陸津波、東日本大震災と経験してきた大船渡。
数々の震災遺構が残されています。
そこで街の方が記録した映像を見たり、お話を聞きながら震災を追体験して歩いて学習しようというイベントが開催されています。

イベントのイメージは、5000年の長い年月を「歩く」足と、
大船渡の象徴「椿」のイラストで表しました。

フライヤーの裏にはメモが残せるようにしました。

そしてこちらは「大船渡つなみ学習マップシール」
大船渡、越喜来、綾里、吉浜の学習ポイントがシールになっています。


クリアファイルの中の紙に浸水域が印刷されていて、
それをなぞりながら歩き、建物を見たらシールを貼る仕組みになっていますので、
幼いお子さまからお年寄りまで少しでも楽しみながら学習でき、
シールを貼ることで記憶に残りやすくなっています。
避難所も書き込めますので、いざという時にすぐ役立ちます。


各地域で色分けされたファイルが出来ています。
こちらはより良く分かりやすくなるよう
ただいま研究開発中で、田舎laboはシール開発に協力させて頂いております。

お問い合わせは下記までお願いいたします。
大船渡津波伝承館

(p研究員)

リラクセーション 水心さま パンフレット

ゆったりすると、からだは自然に自ら整います。

花巻南温泉峡・大沢温泉山水閣の「リラクセーション水心」さまの
ポスター・パンフレットを作らせていただきました。

心とからだは繋がっているといいますが、アメリカでその心理療法を探求する研究所「エサレン」で学ばれた主催者さま。
今では日本全国からたくさんの生徒さんが、学びに来られている日本の第一人者でもあります。

その代表が直接施術する、花巻大沢温泉山水閣の「水心(SUI-SIN)」
からだの声に耳を傾けながら、「心で触れるボディワーク」という施術で体験する
「究極のリラクセーション体験」を、一目で理解していただけるよう
色彩あふれる色、ボディ、水、植物などのイラストで表現しました。

ポスターは、大沢温泉の山水閣、菊水館、湯治屋(自炊部)の各所に貼るとのことで
すぐ手に取って頂けるよう
リーフレットを入れられるポケットも作りました。


ぜひご覧くださいね!

 

施術を行うお部屋(山水閣4F)にも設置されています。

ただいまキャンペーン中ということで
日帰りスペシャルクーポンも実施中だそうです。

ご興味ある方は、下記リンク先までお問い合わせください。

Facebook:いわて花巻沢温泉リラクセーション水心

HP:岩手・大沢温泉山水閣ったりセラピー

 

p研究員)

自分で考える大学受験 ラムダ様 パンフレット

落ちこぼれから東大に合格したボクが

勉強のやり方を教えます!

 

花巻に新しく出来た学習塾

「自分で考える大学受験 ラムダ」さんのパンフレットができました。

教えるのは「ほまれくん」

東大に入るなんて、きっとずっと成績優秀だったんだろうなって思いますよね?

でも、ほまれくんは落ちこぼれだったんです。

入試撃沈の経験もありながら、

試行錯誤の浪人生活でつかんだ「考え方のコツ」

それを分かりやすく伝授してくださいます。

 

東大卒「ほまれくん」先生の

親しみやすく優しい表情を分かって頂きたくて、

パンフレットはイラストとマンガで表現しました。

 

田舎laboの店頭にも置いてありますので、

ぜひご覧ください

 

ご自身で作られたホームページも完成したそうですので、

こちらからもアクセスしてみてくださいね。

https://dglambda.jimdo.com/

p研究員)

ホテル志戸平様「和ブライダルフェア」フライヤー


「いいね!和くワク志戸平」
田舎laboからすぐ近くのホテル志戸平さんの
「和のブライダルフェア」フライヤーを作らせて頂きました。

三三九度の盃、白無垢の花嫁さんなど
最近見直されている和の結婚をテーマに作成しました。
昨年なぜか和装の花嫁さんを2回描きました。
ホテル志戸平さんのテーマ「わくワク」と「和」をかけた
キャッチコピーは担当の方と楽しく考えました^^

ドレス試着の他、婚礼料理の試食、もちつき体験、手づくりコーナー、すこっぷ三味線など本当にワクワクするイベントもたくさん行われるようです。
特にすこっぷ三味線は、ホテル志戸平スタッフさんはなんと世界一の腕前だそうです!!YouTubeでも披露されていますが、生で見れるチャンスです!

1/13(土)、14(日)ご来場無料です。(ご予約優先)
ぜひお気軽においでくださいね!

(p研究員)

みやこじん

岩手・宮古から
まちと人をつなぐ冊子「みやこじん」が生まれました。

発行人さんの個人的な視点から宮古のまちと人を「宮古人的感覚」で紹介しようという自由な発想で作られた冊子。宮古+magazineのzineで「みやこじん」
この小冊子のアートディレクションを担当させていただきました。
文章、挿絵、写真、編集から印刷に至るまで、ほぼ全て宮古の方々の手によるもので、
原稿をお預かりしての作業でした。
クラウドファンディングで劇的な展開以後の数週間もない短時間での作業でしたが、密度の濃い忘れられない時間となりました。

表紙の写真は、宮古の人気羊毛フェルト作家さんの作品「みやこおばちゃん」を、発行人さん自らが撮影されたのですが、特別な機材のない中で天気など粘って粘って撮影されました。
次々と送られてくる原稿に、宮古の方々の独特な魅力が感じられ、題字の「みやこじん」という文字を書いてご提案したところ採用して頂きました。
中のページにも物語や絵や文章など、才能あるたくさんの宮古の方々の一面を知ることが出来ます。

初回限定版には「うたのいち」というこれまた宮古のミュージシャンのオムニバス的な内容となっていて、宮古言葉が音楽になって楽しめますよ。
発行人さんの宮古愛がたくさん詰まった1冊です!そしてそれを支えるたくさんの方々の支援があって完成した心のこもった小冊子。

こちらは宮古市内の店舗さん他、田舎laboでもお取り扱いさせて頂いております。
みやこじんに関する情報はこちらをご覧ください。

 

(p研究員)

 

マルカンビル大食堂 ショーケースシール


マルカンビル大食堂1Fの5th SEASON(ファイブシーズン)さんから
ショーケースシールが発売されました。
こちらのイラスト・デザインを担当させていただきました。

マルカンビル大食堂を訪れるとまず目に入るのが両側にある大きなショーケース。
150種類以上あるという一つ一つのメニューに物語があり、お客様を楽しませる工夫がたくさん詰まったメニューを、じっくり色鉛筆で描きました。
器にもたくさんの種類があり昭和の職人魂を感じさせます。

ソフトクリームピンバッジに続いての5thSEASONさんとのコラボ企画第二弾となりました。
なぜかマルカンビル大食堂のグッズに携わらせていただくことが多く、
花巻の住人としてありがたく思います!
シールはお土産などの他、手紙や手帳にご利用頂ければと思います。

こちらの商品は、販売元のマルカン1F  5thSEASONさん他、
田舎laboでもお取り扱いさせて頂いております。
(p研究員)

マルカンビル大食堂 箸立てストラップ台紙・マスキングテープ「夏テ」「冬テ」

マルカンビル大食堂ソフトクリームストラップに引き続き
IWATE STAR BRANDより第二弾

マルカンビル大食堂のテーブルに必ず配備されているレトロな箸立て。
その「箸立てストラップ」が出来ました!
こちらの台紙デザインを、田舎laboで担当させていただきました。

比べるためにソフトクリームストラップとの2個付けしています。
(こんな風に2個一度に付けることもできるんです!)
この箸立てストラップ、小さいのに再現度がすごくて
なんと箸は動きます。降るとシャカシャカ鳴るし、裏にはロゴ入りという細かさ。
台紙は、窓際の席から見える花巻の風景をイラストにしました。
花巻にゆかりのある方々には、見覚えある景色なのではないでしょうか?
懐かしさを感じて頂ければと思います。
裏は箸で食べるメニューをイラストにしました。

そしてそして・・


マスキングテープにも仲間が増えました!
以前発売された名物がたくさん詰まった紙のテープの「マルテ」、
夏のメニュー満載の青い「夏テ」には、話題になったマルカンビル大食堂ならではのドミニカンスカッシュやティラミス 人気の冷風麺やあんソフトも載っています。
この冬新発売になった「冬テ」は熱々の人気メニュー満載です。ちょっとレアなメニューもありますね!

見たことのあるスタッフさんがたくさん登場しているのも、オリジナルマスキングテープならでは。
こちらの売り上げの一部は、マルカンビル大食堂さんの運営に役立てられます。

これらの商品はマルカンビル1F、IWATE STAR BRANDさんの通販、実店舗他
田舎laboでもお取り扱いさせて頂いております。

(p研究員)

 

岩泉の嫁入り行列 ポスター、チラシ

12/2(土)に岩泉でこんな催し物が開かれます。

 

岩泉の昭和初期の嫁入り行列を約80年の時を経て再現。

このプロジェクトは、昔はあって、でもこのままだと失われてしまう「花嫁行列」という
昭和初期の風習を蘇らせようという試みです。
岩泉の90代の3人のおばあちゃんたちからお話を聞いて、次の世代にもつないでいくイベントです。

打ち合わせの際同席させていただきましたが、おばあちゃんから「つゆはらい」「たるしょい」「とっつきと」「むかえと」「おくりと」など、初めて聞く名前がどんどん出て来ました。花嫁さんは真っ白な装いではなく「黒留袖」「角かくし」に「はこせこ」。
結婚式には日本の文化がぎっしり詰まっています。

あまり堅苦しくなく楽しんでやろう!というのが、つぴたあれいわいずみ流。
ポスターのイラストも博物館や資料館を回りましたが、資料がほとんどなく
岩泉に残っていた写真を元に想像で描きました。

岩泉の歴史のある建造物の間を通る花嫁さん御一行をイメージ。
背景は、岩手で手作業で作られている和紙を使用しました。
和の趣を感じていただければ幸いです。

今回も、懐かしくて楽しいイベントを元気いっぱい届けて下さるでしょう。

「フォトコンテスト」も同時開催されます。写真好きの方は要チェックですよ〜

詳しくはつぴたあれいわいずみのfacebookをご覧ください。

 

町分マルシェvol.6 ポスター、チラシ

2013年からずっと関わらせて頂いている
岩手県北上市の有志で行われている町分マルシェ。
第一回が北上市の町分地区のお店で開かれたことから「町分」という名前がついています。

今では「詩歌の森公園」という図書館のある公園で開かれています。
訪れたことがない人は、美しさにきっと驚かれるはず。


今回のイメージはまた少し変わりました。

 

machibun marche vol.1-4のデザイン研究室納品情報

machibun marche vol.5のデザイン研究室納品情報

 

上記リンクを貼ったので前と比べてみてください!
確実に大人になってきています(笑)

今回はぜいたく〜に特色「銀」をフライヤーに使用し、
女性・男性問わず楽しんで頂けるといいなというコンセプトで作成しました。
ピカピカです。

 

そして今回、フライヤーとテイストを合わせて
ホームページのリニューアルも担当させていただきました。
町分マルシェホームページ

こちらはごん所長が担当しました。

 

今年はどんな楽しいことが待っているのでしょうか?
70店舗に増えた出店者さん!お客さまは昨年5000人もいらっしゃったそうです。
広〜い詩歌の森公園で、のんびり楽しくくつろいで行って頂きたいです。
寒さ対策はお忘れなきよう。

町分マルシェFBページ

 

ここからは告知。
田舎laboでは今年も研究室をやらせて頂きます!
自然の恵みや暮らしの道具などの柄を
自分で刷って手ぬぐいやふきんとしてお使いください。
「おにぎり」は今回のスペシャル企画です。

10:00〜『いものこ』
11:00〜 『にんじん』
13:00〜 『けいと』
14:00〜 『ランプ』
15:00〜 『おにぎり』


汚れても良い服装でご参加ください!(白衣は貸し出します)
参加費:ふきん500円、手拭い:1,000円、エコバッグ小1,500円、大2,000円

どの柄をどの素材に刷るかは自由ですが、
素材が数量限定ですので、なくなり次第締め切らせて頂きます。
ご参加お待ちしています。

(p研究員)

LGBT勉強会・上映会 ポスター・ちらし

レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーといったセクシャルマイノリティーの人口比率は、地域、年代に関係なく4〜10%。そしてその7割がいじめにあっていると言われています。

LGBTについてきちんとした知識を得る勉強会と2本の映画の上映会を、一般財団法人Keen Allianceさんが開催することになり、その告知ビジュアルのお手伝いをさせていただきました。

LGBTは一般的にレインボーカラーで表現されていますが、実際感じる優しい印象にしたくて、柔らかい色合いにしてみました。
そしてお互いの色が混じり合う混色を表現してみました。また分かりやすくLGBTそれぞれのイラストを添えました。

10月22日(日)、岩泉でLGBTに関する講演会が開かれます。11月19日(日)の上映会もどちらも無料、申込不要です。

昨年の大型台風の被害で中止になったこの企画が、主催者さんの熱意により今年開催されることとなりました。
ご興味ある方はぜひお出かけ下さい。

 

詳細はこちら

一般社団法人keen Alliance

 

 

(p研究員)

 

秋彩こみち in かくのだて ポスター・パンフレット

あきいろの桜並木で出会いましょう

角館といえば「桜」。春の満開の桜と武家屋敷は角館のシンボルとなっています。
あきいろに染まった桜並木の桧木内川沿いで、クラフト市が開かれます。
こちらのポスター・パンフレットを作成いたしました。

ポスターのイメージは、天気の良い秋の日に、木陰の気持ち良い風を感じながら、
落ち葉のこみちを、サクサク踏みしめるイメージで作成しました。
落葉のガーランドでお店が飾られています。

こちらは昨年のプレイベントの様子です。

みちのくの小京都と呼ばれる角館は、ものづくりも盛んに行われてきました。
そんな角館らしく全国から本物の職人さんがたくさん集います。
その数なんと87店舗!
作家さんと直接お話できたり、角館やその周辺から美味しい食のブースもずらりです。

角館のお仕事をさせていただくのは、麹くらぶさんに続いて2回目!
その安藤醸造さんも出店されます。楽しみですね。
田舎laboも出店します!ショップ部門67番でお待ちしております。

詳細はFBで!
秋彩こみちinかくのだて

(先日秋田に行ったらいろんな場所にポスターが貼ってあって嬉しかった p研究員)

まんなかマルシェ みやこ・わくわくストリート2017 ポスター・パンフレット・スッテカー・缶バッジ

宮古で開催されるイベントポスター、パンフレットのお手伝いをさせていただきました。
宮古は震災・台風と被災が続きましたが、そんな中でもめげずに、新しいアイデアやわくわく感を
宮古で大切に思い描く様子を、鉛筆で手描きして作成しました。
描いては消して何度でも素敵な街になるように
考えていくことののできる鉛筆のラフな構想のイメージです。

まちづくり研究の一環として宮古市民の方々が何度も集まってミーティングして、
自分たちの手作りのイベントを計画。
一度参加させていただきましたが、若い方々中心の熱気のある会議でした。

まんなかマルシェ」は、2015年からの発足で
宮古のまんなか「中央通り」のかつての賑わいを復活させるべく、有志数名で発足した小さな手作りイベント。「うたのいち」という宮古のうたを創り出す音楽イベントの場でもあります。
もちまきもあるそうです!

これらのイベントを、両方表紙にしたパンフレットを作成しました。どちらも表紙。

10/15は町のあちこちで楽しいイベントが繰り広げられるようです!
沿岸の方もそうでない方も、ぜひ足をお運びください。

まんなかマルシェでは、別の企画も進行中!
「みやこじん」という宮古まち歩き手帳創刊プロジェクトです。
1日だけで終わらせたくないという、主催者さんの思いがこもったZINEプロジェクトも
どうぞよろしくお願いします!

(p研究員)

舞台装飾の制作事例

舞台装飾の制作事例をまとめました。
場所や予算などご相談ください。
(p研究員)

【第一回全日本WHITE選手権】(2015.2.11@田舎labo)

 

【第二回全日本WHITE選手権】(2016.2.11@田舎labo)

 

 

【第三回全日本WHITE選手権】(2017.2.11@田舎labo)

 

【かにさわ音楽祭】@田舎labo

 

【UTA-SORA2016】@奥州市水沢区

 

【UTA-SORA2017】@奥州市水沢区
 

 

【オーダーフラッグ】2017.8 @大迫

 

【手づくり結婚式】2017.9.15@盛岡