第1回サーカスマルシェ パンフレット

NORAtoRIさん主催、岩手県北上(きたかみ)市で新しいマルシェが始まります。

《なんでもない日が特別な日に》なるような
ワクワクを詰め込んだ
場所も時間も縛られない
自由でちょっとおかしなマルシェ

コンセプトを聞いただけでワクワクです。
そんなワクワク感をデザインに込めました。

フライヤーの角が一方ないのは「ちょっとおかしな感」を出していますか?
案内役の動物たちが中に入ると、
たくさんの楽しい出店者さんたちが出迎えてくれます。
風船が飛ぶ空にはクーポンが付いています。
丸めるとサーカス小屋にも!

こちらのフライヤー、
主催者さんがせっせと手作業で、ミシン目を入れたりカットしたりした
心のこもった力作なんです。
マルシェもきっと楽しいこと間違いないでしょう。

場所は北上・展勝地のそばの丘の上「みちのく民俗村」です。
7/7 何が起こるのかぜひ目撃してください🎈
詳しくは🎪
Circus Marche Instagram

田舎laboも出店しますよ!
いつもと違う田舎laboもお楽しみに。

(p研究員)

佐藤畳店さま 三陸鉄道畳縁デザイン

2019年3月23日に宮古〜釜石駅までが復旧して
三陸鉄道が1本の線路でつながり「三陸鉄道リアス線」となったのを記念して、
鉄道大好きな盛岡の老舗畳店・佐藤畳店さんが企画し
オリジナルの三陸鉄道畳縁をデザインさせていただきました!
佐藤畳店さんは、田舎laboのお膳こコーナーで人気の職人さん。
ミニ畳研究室のワークショップでもお馴染みです。

大船渡〜久慈までの長い長い列車旅を、家に居ながら楽しめるんです🛤

線路でどこまでもつながって行きます。

 

釜石にはラグビーも入りました!

 

たまにレトロ車両も走ってます♪

畳縁でここまで細かくイラストを表現出来るのも驚きました。
畳縁はバッグになったり注目の和アイテムですね。

限定品ですが、今なら三陸鉄道の畳をお願いできるかも!ぜひご相談ください。
佐藤畳店さんのホームページはこちら

(p研究員)

うるおい春夏秋冬さま 名刺・パンフレット・

岩手県北上市の生産者「うるおい春夏秋冬」さんの
名刺・パンフレットを作らせていただきました。

虹のような彩りのカラフルなにんじんで一躍有名になった「うるおい春夏秋冬」さん。
北上市を中心に産直やスーパーなどで目にされたこともあるかと思います。

彩り豊かな写真を見ていただいただけで、野菜の美しさとおいしさは一目瞭然。
うるおいのある野菜を春夏秋冬(ひととせ)届けたい、
北上(きたかみ)を食文化の豊かな街に!と立ち上がった高橋賢さんの名刺は
シンプルに写真と伝えたい二つのことばだけで構成しました。

そして今年の春、
西洋なすの形をしたパンフレットが登場!

採れたてパンフ?

これ、野菜のパンフレットなんです。
このナスは「フィレンツエの貴婦人」と言って丸くて大きな西洋ナス。
賢さんは種を取り寄せ、北上の気候に合うように品種改良を続けていらっしゃるそうで
種も採っています。うるおい春夏秋冬さんの代表的な野菜ということで、ナスの原寸大の
大きなパンフレットになりました。


春夏秋冬それぞれの季節に生産・収穫の時期が分かる図鑑のようなパンフレット。
珍しい西洋野菜がたくさん並んでいます。
野菜の詰め合わせボックスもご希望に応じて作ってくださるんですよ!

パンフレットを作ってみたら、木になっているような気になる台も、、ということで
原寸大ナスの木型パンフレット置き場まで出来ちゃいました。
こちらはMHデザインさんの力作です。

気になるパンフレット・・

野菜の展示会や北上のお取り扱いレストランさんでお目見え予定です。

田舎labo店内でも野菜カゴ風に設置しています。
どうぞご自由にお持ちください♪

うるおい春夏秋冬さんFBはこちらです。

(p研究員)

「丸善」創業150周年記念 連続講演会 のタイトルイラスト・フライヤー

ご縁がありまして、丸善雄松堂さまの
「丸善」創業150周年記念 連続講演会 のタイトルのイラスト・文字
フライヤーを制作させていただいております。

11回の連続フライヤーということで、あるものを表現しようと楽しく実験中です!
ただいま2回目のフライヤーまで完成。
少し片鱗が見えていますね⁈

 

西洋文化・学術の紹介により
近代日本に“知を鐙(とも)す”
創業150年の丸善さんはいろいろなものの「はじめて」をはじめました!

・ 日本初の株式会社組織
・ 日本初の生命保険制度
・「 ハヤシライス」の考案
・「 万年筆」の輸入・普及
・「 タイプライター」の輸入・普及
・「 複式簿記」の普及
などなど

タイトルにはこの
万年筆とインク(アテナインキ)をイラストにしました。
丸善さんが残してくれた歴史や文化をもとに
現在やこれからの「まなび」を創っていくイメージで描きました。

 

4月から始まる11回の連続講演会
その第1弾は4/25(木)日比谷図書文化館で開かれる
長谷川眞里子氏による「ヒトはなぜ文明を築けるのか?ヒトの進化史とその未来」

5月の第2回は、
紅野 謙介氏による「国語教育と文学の現在(いま)」をテーマの講演が決定しています。

続々と知のトップランナーが登場予定です。
あの方も?あの方も!


詳しくは下記サイトをご覧ください♪
田舎laboは約1年こちらの講演会のイメージ作りに携わらせていただく予定です。
末長くお付き合いください。

 

150周年記念サイトはこちら
http://150th.maruzen.co.jp/

丸善雄松堂さま サイトはこちら
https://yushodo.maruzen.co.jp/

(p研究員)

イーサゴ ナーサリー&ガーデン2019 フライヤー

今年も花巻・東和のイーサゴ ナーサリー&ガーデンさんの
フライヤーを制作させていただきました。

担当させて頂いて3年目となります今年は、
赤系の表紙カラーで装い新たに登場です。


今年も土日を中心に、営業51日ガーデンを公開してくださいます。
様々なガーデンイベントも行われるとのこと!楽しみですね。
のんびりお茶をしながらくつろげるスペースもあるんですよ〜☕️

フライヤーは田舎laboにも少し置かせて頂いております。

今年は4/19(金)〜スタートです。
営業日など詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.iisago.com/

 

(p研究員)

こもれびマルシェパンフレット


「街中で、ちょっと特別な暮らしの風景を描く」
明日3/24(日)花巻で始まる新しいマルシェ
「こもれびマルシェ」のパンフレットを制作させていただきました。

会場になる高源上町ビルは築58年の、農を生業とする会社のものだそうです。長い間花巻を見守ってきた歴史ある建物で、そのビルを大樹に見立て、会場の倉庫をこもれびあふれる場所、家族で過ごす街中のもう一つのリビングとして再生したいとのこと。
1つ1つの素敵な出店が集まって全体で美しい出店風景をつくりたい
街中で住む人が過ごし、暮らしていく風景を描きたいと、主催者さん。


春のおだやかな日に、こもれびがキラキラ輝くようなイメージで
食とモノと会話を感じさせるようなイメージを込めて、そして新しい始まりを感じさせるデザインしました。
ご了承を頂き、既存のロゴマークを少しアレンジさせて頂いて、彫ってインクのかすれを「こもれび」風にしたり、出店者さんの素敵な品々があふれる様子を、光の中にイメージして水彩で描いてみました。いつもながら、かなりアナログです。

個性あふれる出店者さん、楽しいワークショップなどが集まります。


明日は、田舎laboもクラフト部門で出店いたします。近くには水辺で遊べる場所もあり、街中で過ごす場所として
花巻の注目のエリアです。ぜひぜひお散歩がてら、遊びに来てください♪

こもれびマルシェ

(p研究員)

大船渡津波伝承館パンフレット

大船渡津波伝承館さんのパンフレット
デザインリニューアルを担当させていただきました。

大船渡津波伝承館パンフレット

自分は大丈夫!と思っていませんか?

リニューアルにあたっての打ち合わせの際、
「ここは内陸だから大丈夫」と思っていませんか?と聞かれてドキッとしました。「内陸だから海からは遠いとしても、火山はすぐ近くです」
確かに!

大船渡津波伝承館パンフレット
素直な心が大事

自分だけは大丈夫と思う心理が誰にでもあり、過去の大丈夫だったという経験が邪魔をして、それ以上の災害が起きることが考えられない心理のことを
「正常性バイアス」というそうなのです。

東日本大震災で亡くなった方の40%は逃げなかった。
19.5%の方が逃げる途中だったそうです。
大船渡では地震発生から約30分後に8メートル、その後最大11.8メートルの高さにも達しました。
想像以上の大きさと速さだったのは言うまでもありません。

素直な心が大事。
そのことを一番に知って欲しいという館長さんの思いを
パンフレットに込めました。

大船渡津波伝承館さんでは、駅前に新しく建ったおおふなポート(大船渡防災観光交流センター)を会場に、5000年先まで語り伝えたいと、語り部やウォークラリー、震災紙芝居などのさまざまな取り組みを続けていらっしゃいます。

大船渡津波伝承館パンフレット
語り部さんによる津波体験からの学びや助かった理由をお聴きください

大船渡津波伝承館ホームページ
https://www.ofunato-tsunami-museum.org/

(p研究員)



第3回 釜石てっぱん映画祭 ポスター・フライヤー・パンフレット

「釜石てっぱん映画祭」
今年も開催されることになりました〜〜!👏
田舎laboではポスター、フライヤー、パンフレットを今年もデザインさせていただきました。

釜石のジモトゆかりの作品や、市民が投票して選んだ「てっぱん映画」(イチオシ!の映画)が9作品!
今年もチームスマイル・釜石PITで上映されます。

今年のゲストは監督、脚本、撮影、俳優、、と多彩な才能をお持ちの「塚本晋也監督」です。
『斬、』上映後にスペシャルトークもあるのだそう。

映画を通じた「心の復興」と、釜石の映画文化の再生を!
大きなスクリーンで見れて、しかも格安で映画を楽しめるチャンスです。
3/2は全作品共通パスがなんと500円(大船渡・陸前高田ロケの『冬のホタル』はなんと鑑賞無料)、
3/3は前売800円!しかも半券を持ってマチに出ればイイコトがあるとか。

鉄のまち映画のお祭り、ぜひぜひ楽しんでくださいね!

詳しくはこちらです♪
田舎laboにもチラシありますよ〜

釜石てっぱん映画祭

(p研究員)

 

 

kitakami gohan ポスター・フライヤー 2019

美味しいレストランや地元の生産者さんが直接販売する活動が盛んな
いわて北上市発「kitakami gohan」のポスターと名刺サイズのフライヤーを
今年もデザインさせて頂きました。


食のつながり認証制度の事業を運営されているいわてNPO-NETサポートさん、カメラマンさんと一緒に
生産者さんお一人お一人を訪ねました。
みなさん素敵な笑顔で応じてくださり、自然感あふれる優しい印象の写真をカメラマンさんが激写!


今回のポスターのメイン写真は、生産者さんが大切に育てた、色が変わりつつあるミニトマトです。
周りを囲むのは生産者、加工業、飲食店、販売店さんです。3年間でたくさん増えました!
第一回目のポスター・フライヤー制作)
第二回目のポスター

食にまつわる、いろいろなつながりを感じて頂ければ嬉しい限りです。
こちらのフライヤーは、北上市内の食のつながり認証制度で認証された販売店さんなどで
どうぞ。

kitakami gohanのホームページはこちらです。
kitakamigohan

 

ホテル志戸平様 ブライダルフェア2019フライヤー

花巻南温泉峡、ホテル志戸平様の

わくワク!!ブライダルフェアが1/20に開かれます。

田舎laboでは、フライヤーをデザインさせていただきました。

新郎新婦とダリア。

新春の華やかな雰囲気のイラストで

志戸平さんのテーマ「わくワク」感を表現しました。

ホテル志戸平のブライダルご担当は

本当に皆さん気さくで楽しい方々なんですよ〜!

なんでも相談出来ちゃいます。

ドレス試着や婚礼料理試食をはじめ、ネイル、占い、ハーバリウム手づくり体験などなどお楽しみ体験も充実しています。

結婚式をご予約して頂いた方には、さらに特典が続々です!

 

予約優先ですので、お電話にてお問い合わせ下さいね!

https://wedding.shidotaira.co.jp/

防災・減災コンテスト2018 フライヤー・ポスター

2019年2月に大船渡津波伝承館さん主催
「防災・減災コンテスト」が開かれます。
ただいま防災減災の活動事例や、制作物、作品を広く募集しています。
こちらのポスターとフライヤーのデザインを担当しました。

自然災害全般が対象ということで、「防災・減災」の文字で
災害のイロイロを表現してみました。
災害のいろいろを表現してみました。
アイデアを考えている雰囲気を、スケッチ風に手描きにしました。

昨年はたくさんの災害が起こりましたが、
災害に負けない活動事例や作品をみんなで共有しましょう!
二次審査はJR大船渡駅前に新しく出来た
大船渡防災観光交流センターでの発表になります。
交流タイムもありますので、お互いの活動を報告し合えます。

 

申し込み・お問い合わせはこちらまで
大船渡津波伝承館

 

いわいずみどんぐり学園祭2018 ポスター・フライヤー

つぴたあれいわいずみ実行委員会さんの新たな企画
「いわいずみどんぐり学園祭2018」が11/24 (土)に岩泉のうれいら商店街で開催されます!

田舎laboでは、ポスター・フライヤー・校章のデザインを担当させて頂きました。

テーマは

「どんぐり食文化の復活!!」

型抜きをしたフライヤーデザインです。

岩泉では太古の昔、縄文時代からどんぐりを食べる文化・食生活があり、つい最近まで受け継がれ、どんぐりを粉にし、パンやクッキーとして販売もされて来ましたが、2016年の台風被害でそれも途絶えようとしているそうです。
そこで、つぴたあれいわいずみ実行委員会の主催者さんが立ち上がりました。

どんぐりの食文化を、楽しく次世代へ受け継いで行きたい!
そこで「学園祭」という子供も大人も楽しみながら学べる形
「遠足」や「調理実習」といった体験や「学園祭」を行うことになりました。

校章・ジャージはどんぐり学園祭だけで販売されます。

デザイン作成にあたり、岩泉・宮古・盛岡・矢巾・花巻から数名が集結。
堅苦しくなくすっと入っていけるようなポスター、フライヤーデザインについて打ち合わせ。
カッコウヨク言うと衣装制作・人形制作・カメラマン・モデル・シェフ・アドバイザー・大道具などなど小さくても一大プロジェクトの様相です。
「学園」というからには、校章も必要。なぜかジャージも必要。
架空だけど実在しそうな学園を巡って話し合いました。その成果が見られるかどうか?

楽しそうな企画が盛りだくさん!

当日はどんぐり学園の校舎や手作りパチンコ台、巨大オセロ
そしてどんぐり酵母で作ったパンやお菓子、コーヒー、カレー、ワークショップ、雑貨など
皆がそれぞれ趣向を凝らした思い思いの「どんぐり」たちが登場予定です。
どんぐり学園祭@うれいら商店街でご確認ください。

田舎laboもちろん、どんぐり学園祭に参加します。
labo的どんぐりグッズを持って行きますのでお楽しみに〜!

詳しくは以下のページをご覧ください!
Facebookイベントページ どんぐり学園祭
Facebookページ つぴたあれいわいずみ
ブログ ナドダーノでひとやすみ

(p研究員)

 

 

町分マルシェvol.7 ポスター・フライヤー

2018年の岩手の秋も紅葉がすすみ、秋の色が深まってきました。
町分マルシェ7回目となる今回もポスター、フライヤーを制作させて頂きました。

町分マルシェの一番最初のイメージが、初代ロゴにも使っていた植物の「芽」でした。
回を重ねるごとに成長してデザインも大人な雰囲気に。
vol.5
vol.6

今年は詩歌の森公園に蓄積する落ち葉の、朽ちる直前の美しさを表現しました。
ほぼモノクロになりましたね;
イメージイラストは、銅版画で作成しました。
下描きから何回か工程を重ねて、銅板にエッチングしたものを、
プレス機で専用インクを詰めて刷ります。
フライヤーはデザインの違う2種類に。
紙も質感のあるものを使用しました。

出展者さんのご案内面は、シンプルに。
北上市を中心とした魅力的な生産者さん、レストラン、カフェ、生活用品のショップなどが
たくさん集います。
実際のお店が出現したかのように、皆さん凝っていてがらんとした公園が一転、
おしゃれなマルシェが出現します。

新しくなった町分マルシェのホームページはこちら
新しい代表が自ら作られたそうです!
前の年はあいにくの大雨で、2時間ほどで終了になりましたが、今回は雨天決行!
雨の場合は近くのさくらの百貨店駐車場7Fで行うそうです。
詳しくはfacebook、Instagramなどでお知らせがあるそうなので、チェックしてみてください。

今年も田舎laboは、シルクスクリーン研究室で参加いたします。
過去人気のあった柄を中心に、のんびりやりたいと思います。

①10時~「里芋」
②11時~ 「人参」
③13時~「柿」
④14時~「ランプ」
⑤15時〜「おにぎり」

ふきんや手ぬぐい、エコバッグなど
お好きな柄の時にふらっと来ていただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
(p研究員)

JoyKos様 炭化コルクサンプル説明書

花巻にこんな画期的な住宅システムがあったんです!
JoyKos様の炭化コルクを使った建材を紹介する説明書を
制作させて頂きました!

炭化コルクってあまり聞きなれない言葉ですが、
ポルトガルでとれるコルク樫皮を高温で加熱したものを
ウレタンで建材の中に埋め込み、従来のものとは全く違う工法で作られた建材です。
細かい穴がたくさん開いている炭には、防臭・調湿の効果があり、
ウレタンは高気密で室内を密閉するので、室内を一定の温度で保てるのです。そこに計算された換気システムを導入すると、空気の循環が始まり、きれいな空気だけが部屋を回るそうなんです。
言葉では難しいかな?ご興味を持たれた方は、JoyKosさんにご連絡してみてください。アトピーも改善し地震にも強いという不思議な建築用パネルなんです。

炭化コルクの端切がたくさんあり、今までも配布されてきたそうなのですが、手描きのイラストを加え少しリニューアルさせて頂きました。
角をカットすると家の形になり、2つ折りすると家型の説明書になるのです。炭化コルクの端切と一緒にパッケージしました。
消臭剤にもなりますし、なべ敷きなどにもお使いいただけます。 
炭化コルクは見た目もかっこいい。

地図は、曲がる場所が分かりやすいようにあらためて作りました。花巻の小瀬川にあるJoyKosさんの本社です。
山の中の隠れ家的な場所にあり、手作りの素敵なガーデンに囲まれた
静かな場所にあるんですよ〜!

ジョイ・コス住宅システムさんのホームページはこちらです。http://joykos.co.jp/

 

ホテル志戸平様Weddingパンフレット・ブライダルフェアDM

田舎laboのある花巻南温泉峡入り口から2番目の開業1830年の老舗、
ホテル志戸平様のウェディングご紹介用のパンフレットとブライダルフェア用のDMを制作させて頂きました!

いつもわくわく楽し〜いホテル志戸平さん✨
スッキリ爽やかな美しい青空のもと行われる
ハッピーなウェディングパーティをイメージして
ブルーを基調とした点描で表現しました。

パンフレットの中面は、お二人のご来館から挙式、披露宴、宿泊までの
ウェディングの1日をご紹介しました。3種類のテーマに沿った披露宴会場が選べるんです♪

最高に楽しいホテル志戸平での1日。
どうか幸せいっぱいの日をお過ごし下さい!!

そして10月と11月には秋冬のブライダルフェアが開かれます。
パンフレットのイラストシリーズでダイレクトメールを作らせて頂きました。

ドレスの試着や婚礼料理の試食、プランナー相談会があります。
来年1~3月までに結婚式を挙げて頂く方には
冬ならではのかなりお得な特典だそうです!
予約をして頂くと優先的にご案内頂けるようです。

ホテル志戸平様のホームページはこちら♪
http://www.shidotaira.co.jp/

facebookページはこちらです。
https://www.facebook.com/pg/shidotaira/about/?ref=page_internal

コミュニティーアート「私の好きな花巻」壁画の原画


来場者みんなでつくるコミュニティーアート
『私の好きな花巻』をピースに書いて貼る巨大アートが10/14
どでびっくり市同時開催のハロウインフェスタ(花巻市上町)に出現します。

こちらの縦1.4メートル×横5.5メートルの巨大絵の原画制作と
パーツ制作を担当させていただきました。
5.5mとはなんとベニヤ板6枚分!!

ジャーン

じゃーん

にゃーん

下塗りは花巻青年会議所さん
デザイン画から板へのトレースはこいも研究員、ごん所長と総出です!
この上に貼るパーツは花巻のMHdesignさんにお願いしました。

その数330枚!!キレイに仕上げて頂きありがとうございました!!

このパーツに青年会議所さんで色を塗って、
当日は皆さんに「私の好きな花巻」のテーマでメッセージを書いていただきます❗️
楽しみですね!
オール花巻で作り上げましょう。

イーハトーブハロウィンフェスタ2018~アートではなまきをもっとみんなの街に~
10/14(日)10時スタート!15時まで。
場所は花巻市上町 どでびっくり市会場内(旧エセナ側)入場自由・入場無料(コミュニティーアート制作は先着150名)だそうです。

詳しくは花巻青年会議所ホームページ、フェイスブックページをご覧ください♪

🎃イーハトーブハロウィンフェスタ2018の情報はこちらです🎃
ホームページ
Facebookページ

(p研究員)

秋彩こみちinかくのだて2018 ポスター・フライヤー


秋田・角館に90店舗の作家さん、ショップ、フード店が集うクラフト市
「秋彩こみちinかくのだて2018」のイベントポスター、チラシのデザインを
2017に引き続き制作させていただきました。

気づいた方はいらっしゃったでしょうか?今回は桜並木が横位置です!
ポスターを貼っていただく時に
たくさん並べると横に長〜く桜並木が伸びる仕組みになっています。
青色は桜の木陰と角館のシンボル的桧木内川をイメージしています。
たくさんの作品たちが皆さまをお待ちしています。

「ココロにいいもの カラダにいいもの あきいろの桜並木に集います。」
今年はどんな作家さんが集うのでしょうか?楽しみですね。

角館と言えば桧木内川の桜並木、シダレザクラと武家屋敷をすぐに思い浮かべるほど
桜の木がたくさんで素晴らしい景観を私たちに見せてくれています。
秋の紅葉季節の桧木内川で、色づいた桜並木を作品を堪能しつつ歩いて見てくださいね!

ホームページはこちらです。
http://www.akiiro-komichi.com/

田舎laboもショップ部門で参加させていただきます!
110/13、14は角館でお会いしましょう!

(p研究員)

kitakami gohan「畑の春夏秋冬×タヴェルナ収穫祭」フライヤー・チケット

kitakami gohan プレゼンツ

「畑の春夏秋冬×タヴェルナ収穫祭」フライヤーとチケット のデザインを担当しました。

岩手県北上市の「食のつながり」認証制度や認証対象者を広く知っていただくための情報発信が、
「kitakami gohan」です。

認証者の「うるおい春夏秋冬」の高橋賢さんの畑で収穫体験をした後、
地元のシェフと一緒に調理して、その場でお料理をいただく、青空レストランを開催するとのこと。
みずみずしい野菜たちを表現するにはどうしたら?と考え、
今回は水彩で描いた野菜たちをパーティ感のあるよう楽しく並べ、透ける紙へ印刷!

新鮮さを感じるフライヤーになりましたでしょうか?
当日のお皿には、羽田空港内のラウンジでも採用されている、竹とさとうきびの繊維でできた環境に優しく、普遍的な和の美しさをもつお皿「WASARA」を使用するとのことで、その真っ白なお皿のイメージを背景にしました。


チケット50枚はそれぞれ当日使用されるであろう野菜たちのガーデンパーティをイメージしました。

気になった方はkitakami gohan ぜひチェックしてみて下さいね。
http://kitakamigohan.com/

 

(p研究員)

奥州南部鉄器 鉄分補給パンフレット・特設サイト

鉄分足りていますか?
スタミナがなくなったり、爪が白くなったり、氷が無性に食べたくなったら要注意!
鉄分を補給しましょう〜!ということで・・

田舎laboプロデュース「奥州南部鉄器・鉄分補給パンフレット」が出来ました!

岩手県といえば有名なのが「南部鉄器」。
歴史も古く平安時代後期に遡るほど。
現在でも、盛岡と奥州(水沢)を中心に生産されています。

昔は鉄器生活が主流で、鉄分補給が自然となされていたそうなのですが、
現代の調理器具ではなかなか摂ることが少なくなってきました。
そこで開発された「鉄玉子」他鉄分補給グッズ。
その使い方も含めて日常に鉄器を使っていただくことをおすすめするパンフレットです。
奥州南部鉄器館(←大谷翔平選手の鋳物の手と握手できます!)他、お買い上げ時に配布される予定です。

特設サイトも制作させていただきました。
http://oshu-nanbutekki.com/

日常に南部鉄器、ぜひお使いください。

(p研究員)

まんなかマルシェたなばたの星まつり ポスター・フライヤー

音楽と食、市民作家の作品が一度に楽しめる1日限りのマルシェ、
宮古のまんなかマルシェ2018のポスター・フライヤーを制作させていただきました。
7/7の七夕に開かれるのは「たなばたの星まつり」

箱舟に乗る星座の神たちは、宮古のアーティストfumikotenさんの独特なタッチで描かれた
かき下ろしイラスト。宮古にはたくさんの才能があるんですね!

「たなばたの星まつり」のロゴタイプは、今回オリジナルで制作しました。
名付けて「笹フォント」?!
そう、大きな笹のたなばた飾りが登場するそうなんです。

フライヤーを有効活用?!キリトリ線で切って願いを書く「短冊」にもなります。


そして裏はシールラリーを貼って楽しむカードにもなるんです!
12星座シールは会場に隠されているそうですよ〜
自由に貼って自分だけのカードを完成させてくださいね。

有効活用しすぎ?!ですかね・・
資源は大切に。

「あいのうた」でお馴染み
ウクレレのツジヤマガクさんが、楽しいワークショップも開催してくれるそうです。
そして宮古の古蔵のミニシアター「シネマデアエル」さんで映画も同時開催
夜にはライブも行われるようです。

 まんなかマルシェ

楽しいことまちがいなしの七夕の1日。
お友達やご家族で、宮古の中央通商店街を散策してみてくださいね♪

(p研究員)

クラフトアートいちびっと様 パンフレット

東和町土沢商店街に新しいクラフトスポットが誕生しました。
こっぽら土澤の1Fの奥「クラフトアート いちびっと」さんです。
パンフレットを制作させていただきました。

マーケットの「市」と「人」をつなぐお店です。
お店のロゴタイプを作られたのは、東和在住彫刻家の菅沼緑さん!

あれ?「クラフトアート」の文字がなんだか逆さになってる?!
間違いじゃない?と思った方もいらっしゃるかと思いますが、、

アートクラフトフェアでも有名な、アートのまちつちざわ
彫刻作品を鑑賞するように、四方八方から眺めていただきたくて
ぐるぐる回して見るちょっと斬新なパンフレットとなりました!

白い素敵な空間に30を超えるクラフト作家さんの手作りの作品や
本物のアート作品が並びます。
町の身近な美術館ですね。

土澤アートクラフトフェアがいつでも味わえる「いちびっと」
18時までの営業時間も魅力的です。
アートのまち土澤にお越しの際は、ぜひ覗いてみてください。

FB:クラフトアートいちびいちびっと

(p研究員)

いわいずみ手仕事市2018

いわいずみ手仕事市、残念ながら今回で最後とすることになったそうです。

私たちをすっかり岩泉のとりこにして、あっけらかんと「こんにちは」と「ほんだらね〜」をする2人の子供。
ラストを飾る表紙は、いわいずみ手仕事市を始めたうちの一人、羊毛フェルト作家のsattapettaさんの子供たちです。
まるで生きているような表情です。

実はこの子達は、記念すべき第一回に登場した子供たちなんです。
5年経ってリアルになって手仕事市を探索します!

うれいら商店街には、岩泉やお隣の宮古、盛岡、花巻、県外からもたくさんの手仕事人が集います。
もう資料を見ないでも町の構造が思い浮かべられるようになりましたね!

今回は電車が走る?!という企画、どんなになるのでしょう?
このチラシを作成した段階では謎に包まれていたので全く分かりませんが、とても楽しみです。
つぴたあれいわいずみ実行委員会さんの実行力は、半端ないのです。
商店街を貫く流しそうめんや、巨大ドミノ倒しを出現させてしまった夢の詰まった子供の心を持った本気の大人たち、それがつぴたあれいわいずみの皆さんです。


ポスターは、主催されるナドダーノさんの近くの橋から撮った夕景と、うれいら商店街と人形たちの合成。合成のファンタジー感で一層、いわいずみが物語の中の町のように思えてきます。

いわいずみ手仕事市のポスターやチラシは、2015年から4年間手がけさせて頂きました。本当にたくさんの思い出をありがとうございました。

6/9(土)、10(日)
田舎laboでは今回ファイナルを一目見ようと、メンバー3人でおじゃまします。
皆んなでいわいずみにつぴたあれ〜!

(人形の写真合成担当:p研究員)

山小屋カフェkurakakeさま パンフレット

花巻・高松に新たなカフェが誕生しました!
以前の田舎laboのあった場所から、東和よりのすぐ先に出来ました。
その名も「山小屋カフェ kurakake」
こちらのパンフレット制作をお手伝いしました。

kurakakeは、人里離れて、ひたすらのんびりしたい時にオススメです。
うたた寝OK、長いミーティングOK、おひとりさまもくつろげます。
たくさんの本やひざ掛け、シェラフなどもあって、山小屋感満載で楽しい場所です。

近所の果樹園さんが直接運営されているので、
果物を使ったジュースや軽食メニューはとても充実しています。
丁寧に淹れるコーヒーはじめ店主さんご自慢の美味しそうなメニューばかり!
店主さん直筆、手書きの黒板メニューボードは、迷って目移りしますよ〜。

棚のスペースはレンタルボックスになっていて、いろんな作品も楽しめるようです。

4月から本格OPEN!
お店の詳細はFacebookでご確認ください。
山小屋カフェkurakake

(p研究員)

 

東和農旅Map

東和農旅Mapが出来ました!

花巻市東和町の日常とあたたかい「人」をテーマに作ったマップです。
こちらは、東和地域交流のまちづくり協議会さんが
何度かのワークショップを重ね、町の皆さんから出た意見を元に作られました。

東和に残る棚田風景と野の花が表紙。
ありのままの東和を知っていただく地図です。
初版の紙は、懐かしい雰囲気のあるバフン紙を使用しました。

東和は、芸術家や工芸の先人を輩出した町としても有名で、
最近では何万人も集まるという「土澤アートクラフトフェア」(今年は5/3,4と秋にあります。)で
馴染みのある土沢商店街もクローズアップしています。

農業や地域を知る体験メニューも豊富に掲載していますよ。
味噌蔵見学やヤギと触れ合うホテルなど、魅力的ですね!


農村体験や紙すき、わら細工など古くから伝わる技術が、日常にたくさん残っています。
クレマチスのiisagoさんやアイガモ農法の農園などの見所も満載!

この地図を発行した東和地域交流のまちづくり協議会さんでは、
東和町を面白くする企画をたくさん進行中!
その秘密基地?!「東和おもしろ作戦研究所」は、
たこ焼きの松葉さんの2件ほど先の「旧若専商店」にあります。
のんびりお茶っこ飲んだり、東和の町を案内してもらえるかも!
ぜひ遊びに行ってみてください。

東和農旅についての詳細はこちら
東和農旅ホームページ

(p研究員)

 

ゆぐちず

田舎laboの周辺を花巻市「湯口地区」と言います。
その湯口地区の地図を作らせていただきました。
その名も「ゆぐちず」!
タイトルには湯口の春夏秋冬が入っています。

湯口地区は名前の通り、温泉峡の入り口として有名ですが、
なめとこ山の熊と熊堂古墳コラボ?円万寺神楽、鍋倉鹿踊、ハコショウさんの呑んべえ漬、バックシュトゥーベさん、銀の鳩さんのお菓子やパンなどなど、温泉以外にも楽しめるものが盛りだくさんなんです!

皆さんにオススメしたいポイントもたくさん載せました。
郷土芸能も盛んなんですよ。

湯口地区のマップは手描きで描きました。

地図内を案内するキャラクターは、
花巻の木工作家さんのMH designさんのオリジナル「鍋倉鹿踊」の春日くんです。

発行元の湯口地区コミュニティ会議さんは、ホタルの目撃情報も集めていらっしゃいます。今まで集まった情報を地図に入れ込んでみました。

湯口地区コミュニティ会議さんでは、地域情報の発信を積極的にされています。
ゆぐちずに掲載されていない楽しいお店や、知られていない面白い情報など、口コミ情報も募集しています。
Facebookチェックしてみてくださいね!

湯口地区コミュニティ会議 FB

 

今回、湯口地区コミュニティ会議さんのご厚意で
なんと田舎laboも掲載せていただきました。ありがとうございます!
田舎laboにも数部置いてありますので、ぜひお持ちくださいね。

(p研究員)