賢治最中本舗さま 手作り最中パッケージ・暖簾文字

花巻の名物「賢治最中」をご存知でしょうか?
昭和30年に始まった老舗の特大最中(14センチ)で、ものすごいインパクトのある最中です。
宮沢賢治の有名な詩の一説「雨ニモマケズ風ニモマケズ」を入れるために
ここまで大きくなったそうです。
創業者の方のパイオニア精神が感じられる一品です。

その賢治最中本舗さんが、「最中専門店」としてリニューアルし
そこで育ったお嬢さん方が、日夜手作りで改装しているというお話を伺いました。
そして新商品として考案中の創作最中のパッケージのご相談がありました。
最中の皮に、餡を入れないでチョコや地元の雑穀といった新しい素材を組み合わせる
賢治最中本舗さんならではの新しいお菓子です。
(姉妹店でパティスリーアンジュという洋菓子店をやっておられます)

考えても何も出ない頭なので、、図書館などで宮沢賢治の本を調べ、
ご提案したのが「もなど」。
哲学的な表現で精神的な最小単位を表すという「モナド」が元で、
賢治さんが「銀のモナド」など作品にも使っていた言葉を見つけました。
「もなか」に音が似ているけど、新しい響き。
新しいお菓子にぴったりなのでは?とご提案したところ採用頂きました。


6種類の新しい最中「白雪のもなど」「琥珀のもなど」「野原のもなど」「黒葡萄のもなど」「瑪瑙(めのう)のもなど」「銀河のもなど」は、
全て賢治さんの童話に出てくる動物をモチーフにネーミング。
何の童話かは当ててみてください。
中でも「瑪瑙のもなど」は、
田舎laboで取り扱っている岩泉の早野商店さんの食用ほおずきをトッピングに採用して頂き、
岩泉の花巻支部?の田舎laboとしては、橋渡しが出来てとても嬉しかったです。
動物が賢治さんの帽子をかぶっているのは、お嬢さんのらくがきが元になっています。
どれも新しい食感と味で、美味しい「もなど」となりました。

次の課題は、「手作り最中(合わせ最中)」
皮と餡を分けてあるため、パリッと感を残し日持ちも長くなるという商品です。
日持ちが長いということは、花巻の新しい持ち帰りのお土産になると思い、
賢治さんの代表的な童話「銀河鉄道の夜」をモチーフにしたいと思いましたが
普通に描いても何かしっくり来ないな・・と思っていたところ、
ある日の打ち合わせ中に、黒板(賢治さんが「下ノ 畑ニ 居リマス」と書いた)に
チョークで銀河鉄道を描くという、一種パラドクス的な案がひらめき
一気に出来上がりました。



目指した「羅須地人協会」の教室感も黒板とチョークで表現。
また箱は1種類のデザインですが、組み合わせると鉄道がどんどん伸びていきます。
側面に隠し賢治さんが居ますよ。
(さらに隠し田舎laboもどこかに・・・; )
箱は別売りもできるので、自分の好きな「もなど」を入れることも出来ます。


しおりはこのような両A面です。

 


もなど3個パックのシール。裏側も見てね。

そしてそして、なんと
賢治最中本舗さんの暖簾文字とマークまで
描かせていただくことになりました。
大変ありがたいことです。
暖簾の製作は地元花巻の伊藤染工場さんだそうです。素敵ですね。

羅須地人協会がモデルとなったレトロな雰囲気の賢治最中本舗さん。
縁側のようなお茶を飲めるくつろぎのスペースで、
手作りの温かい店内は、花巻にいらっしゃった時はぜひ訪れて頂きたいお店です。
賢治さんは「中ノ オ店ニ 居リマス」らしいです。
(お店の本物の黒板アートは、お嬢さんの手によるものです)

2017年4月1日にリニューアルオープンした
賢治最中本舗さんのホームページはこちら
facebookはこちらです。

(p研究員)

 

kitakami gohanプロジェクト ロゴマーク・ポスター・名刺・WEBサイト・イベントフライヤーなど

北上市では素敵な「農」の取り組みが始まっています。

生産者のこだわり・思いを、遠い存在であった消費者まで
近く、すぐそばにつながる仕組みや取組みをしている
生産者、販売店、飲食店、加工業者を認証して、
北上産品の信頼性を高める、というものです。

 

北上市の農とその周辺を、実際に見たり、体験したり感じてもらおうというこの取り組み。
いわてNPO-NETサポートさんプロデュース(町分マルシェなどを企画しているあの方です!)のもと、素敵な女性カメラマンさんと撮影して回りました。
田舎laboではロゴマークやポスター、名刺、WEBサイト制作をいたしました。
その名も「kitakami gohan」!


第一回目の認証者さんの紹介のポスターです。
かっこいい生産者さんたちや楽しいお店の方々そのままを紹介したく
写真をふんだんに使用しました。
北上の風景を中心に様々な生産者さんや事業所さんが
「つながっていく」イメージを表現してみました。


こちらは生産者さんのポスター。
みなさんいい顔されていますね。
目指すものがある方達は輝いています!
多くは言わず、あえてシンプルなデザインに。


名刺。
こちらは柔らかいイメージの上質な紙を使用させて頂きました。
好評だったようで、すでになくなった生産者さんもいらっしゃるとか?!

 

昨年末から始まったNPOさん企画の
農と食のイベントのフライヤーも作らせて頂きました。
どの会も満席だったようです!

 

そしてWEB制作
kitakami gohan

できる限りシンプルにお伝えできるように制作いたしました。
WEBサイト制作については後ほど別途記載あるかと思います。

 

 

こちらの「食のつながり」認証制度事業は
現在、第二回の認証者さんも増えて
継続制作真っ只中!!
新しい認証者さんのポスターなども楽しみにしていてください。

詳細はこちら
北上市
特定非営利活動法人いわてNPO-NETサポートさんが運営しています。

FB Kitakami gohan

 

何といっても女3人の取材行脚がとっても楽しいp研究員でした。

 

イーサゴ ナーセリー&ガーデン様 パンフレット制作

花巻の新しいテーマパーク誕生。

花巻・東和町に広大な敷地のクレマチスを中心とした
ガーデンショップが昨年オープン!
実は2014アート@つちざわのギャラリーコシカさんの
鬼の展示会場にもなっていた及川フラグリーンさんの敷地内なんです。

今回イーサゴさまの年間パンフレットを、
川嶋印刷花巻営業所さまのコーディネートで制作させて頂きました。

キービジュアルとして、すでにロゴと素敵なイメージイラスト数点があり、
なんといっても「寅蔵」さんという謎の人物と虚実混在の物語があるという
とっても面白い設定の上でのデザイン展開作業でした。


「イーサゴ」という聞いたことのない言葉。
その成り立ちから物語は始まります。


寅蔵さん、イーサゴガーデンの中で色んな痕跡を残しつつ
今はもういません。。いやいるのかも?
物語は劇的に語られます。


クレマチスの不思議な雰囲気を持つ植物たち。
イーサゴの中には居心地の良い空間が広がります。
ガーデン・シェッド、コーヒー・スタンド、キッズ・ハウスといった
木造の施設。クラマチス売り場や広いガーデン。
賢治の童話「どんぐりと山猫」で繰り広げられるような野原の教室のようなワークショップスペース。

どれをとっても素敵なスペースばかり。
本当にここは花巻?

秘密基地への地図のメージで鳥瞰マップを作成しました。
真冬の取材で雪深いガーデンの中、文字通り「探検」で
雪をかき分けながらの取材でしたが、
頭の中は春のぽかぽかした空気の庭を想像できました。

こんな美しい庭の中でクレマチスを眺めながら
飲むコーヒーは格別だと思います。


川嶋印刷さんのしっかりした印刷としっとりした紙。
上品な感じに仕上がりました。

クレマチスの鉢植えや庭植えワークショップや
ガーデンピクニックといった楽しいイベントが
土日を中心に開かれる予定だそうです。
百聞は一見にしかず。
ぜひお気軽に足をお運びいただき、
寅蔵さんの痕跡を探してみてください。

イーサゴ ナーセリー&ガーデンの詳しい情報はこちらです。 http://www.iisago.com/

 

(p研究員)

マルカンビル大食堂さま ピンバッジ・ロゴ・カード・ソフトクリーム回数券など

2017年2月20日、見事復活を遂げた
花巻のマルカンビル大食堂さんのオープニングに向けて、
田舎laboでも一部アイテムのデザイン制作に関わらせて頂きましたので
一挙ご紹介!

 


こちらはマルカンビル1F 5th SEASONさんのオリジナル商品
ピンバッジはご依頼主marble+さんに合わせた雰囲気で
かわいくもエレガントになるように、
また男性がつけても良いようなシンプルなデザインにしました。
台紙はインパクトのある赤、マルカンのロゴの色です。
シンプルにした分、文字に工夫をしてみようと、
元のマルカンのロゴに似せて「ソフトクリーム」という文字もつくってみました。
先人のデザインセンス、昭和感、似せようと思うと意外とバランスが難しいもんで細かい部分でいろいろ苦心しました。


5th SEASONのカフェで販売されているプティシュシュタナカさんの
ソフトクリームクッキーのパッケージにも採用されました。
バニラ風味の美味しいクッキーで大ヒットのようです。
おしゃれなカフェで、NAGASAWAコーヒーさんブレンドの
美味しいコーヒーとご一緒にぜひどうぞ。

 

…さてここで話は終わろうかという結末に
意外な展開が!?

 

 

「ソフトクリーム」という文字をきっかけに・・
こちら!
↓ ↓ ↓

じゃーん!

なんと本体の「マルカンビル大食堂」というロゴまで作らせて頂ける
名誉に預かりました!
「ビル大食堂」を作った感じですね。
田舎laboではメンバー全員であーでもないこーでもないと
フォントを一文字一文字吟味しました。
レトロだけど勢いの感じる新しい雰囲気が出るように。。
どうでしょうか?


そしてタナボタ的にソフトクリーム回数券まで制作。
クウラウドファウンディングで寄付して下さった方への
贈り物です。

…高額寄付者様への幻のプラチナカード・ゴールドカード!
このリッチな質感にマルカンソフトクリームとロゴがっ!
こういうカード作るの初めてでしたので
キラッキラな完成品見たときはテンション上がりました。

 

マルカンビル大食堂さんの情報更新はこちらから
6F 大食堂
1F 5thSEASON

 

 

…そしてちょっとだけ宣伝。


5th SEASONさんで田舎labo製品として「ソフトクリーム一筆箋」もお取り扱いが始まりました。ピンク6枚、イエロー6枚の計12枚入りです。
こっちはlaboバージョンのソフトクリームです。
似てるけどちょっと違うんです;

以前台紙を作らせていただいた
いわてスターブランドさんのマルカンソフトクリームストラップ
5th SEASONさんでも大好評だそうです。

たくさんのソフトクリームグッズを作らせていただくことになって
夢が叶って本当に嬉しい限りです。

(p研究員)

はり・灸・あん摩・マッサージ・指圧「暖」さまパンフレット

はり・灸・あん摩・マッサージ・指圧「暖」さまパンフレット

「もぐさ」って何で出来てるか、皆さん知ってますか?
私は知らなかった。。「よもぎ」をスリコギで擂ったふわふわのところだそうです。
お灸にする時は手作業で形もさまざまに。
鍼(はり)は「針」ではない。
取材させて頂くと新たな知らない世界が待っています。
「お灸女子」なる言葉もあるそうで、密かに若い女性にも人気だそうです。

親切に優しく教えていただいたのは、
花巻にこの度開業された若い女性の先生です。
先生のほんわかした雰囲気と施設の心地よさを表現したいなと、
あえて専門用語は使わず、若い方にもふと手にとってもらえそうな
優しくさわやかな配色にしてみました。

よもぎ柄にしたのは
発見と驚きの表れです(笑)

千葉でキャリアを積まれた確かな技術の先生です。
お灸教室も各所で開催されているようですので
ぜひ気軽に連絡してみてください。
(要予約)

はり灸あん摩マッサージ指圧「暖」さんのホームページはこちらです。

ギャラリー+喫茶「豆」さまパンフレット

ギャラリー+喫茶「豆」さま パンフレットをデザイン制作させていただきました。

豆さんは矢巾町の長澤忍建築舎さん並びの、南昌山の山並みが見渡せる
とても良い眺めのギャラリー喫茶です。
2005年創設ですので、ご存知の方も多いと思います。
いつもたくさんのお客様で賑わっています。

ご自分でDMやパンフレットを作られていたというオーナーさま。
他に依頼するのは初めてだそうです。ありがたいことです。

なぜ豆というのだろう・・?
今回のパンフレットでは、自分が気になった部分をテーマに
「豆」の名前の通り小さく簡潔に表現してみました。

名前の由来は「小さな豆粒が自然の恵みを受けて育つ、皆さんに育てられて成長していく」という願いが込められているとのこと。
色んな豆を登場させてみました。
豆がそれぞれの成長の仕方で、大きく育つといいな!と思います。
今現在は4つの豆(ギャラリー、喫茶、レンタルボックス、刺繍)が成長中。
これからもたくさんの豆が少しずつ成長していくに違いありません。

美味しい焼きカレーをはじめ、楽しい商品が続々登場するお店です。
ぜひ一度訪れてみてください。

パンフレット裏面にある小さな「豆」の
小さな世界も覗いてみてくださいね。

ギャラリー+喫茶 豆さんのブログはこちらです。

(p研究員)

 

 

花巻市東和町のほろ酔い柿 パッケージ

【デザイン研究室 納品情報】
花巻市東和町のほろ酔い柿 パッケージ

10/9、10に開催された花巻・いわていいもの市で誕生した
新しいパッケージの「ほろ酔い柿」
実行委員会で、わいわい意見を出し合いました。
手間暇かけてじっくり作られた、じんわりと優しい味わいが特長です。

包装紙は、花巻・東和町の手漉き和紙「成島和紙」を使用し、製造過程を手描きのイラストで描きました。たくさんの材料と過程と愛情がこの柿に詰まっているイメージを表現しました。
包装紙は裏側に罫線が印刷してありますので、ご購入後は一筆箋としてもご利用いただけます。
当日も好評をいただき完売となりました。ありがとうございます。

そして、イベント後も引き続き
同じ包装紙をご利用いただけることになりました!
今週末に開かれる「土沢アートクラフトフェア」に出展されます。
2箇所の展示・販売で、
紹介展示は、花巻信用金庫東和支店西側の若専商店内“いだますネットワーク”、
販売は、東和総合支所近く、猿舘酒店向かいの佐々寅商店隣駐車場の「つちざわ屋台村」の黄色いテントの一部で販売となります。

限定25個だそうです!今年の分はこれで最後だとか。
みなさまどうぞお立ち寄りいただければと思います。

(p研究員)
img_0053

第5回 Machibun Marche ポスター・パンフレット

【デザイン研究室 納品情報】

第5回 Machibun Marche ポスター・パンフレット

今年も作らせていただきました。
パンフレットは、オーガニックな雰囲気を感じさせる片面がざらっとした質感の紙を使用。
秋の収穫物を包み込み、楽しいイベントをお客様にお届けしたいという気持ちで、
『包装紙』をイメージしてデザインしました。

中面には隠しアイテムで、封筒が隠されています。
イベントが終わった後は、ぜひご利用くださいね^^

 

img_0028
10/30(日)に開催されるこのイベントに
田舎laboもワークショップ部門で参加します!
このパンフレットに描いた農産物のイラストを
シルクスクリーンの版画にしました。
ふきんや手ぬぐいを刷って手作りしてみよう!
という研究室になります。
素材は未晒綿を仕入れました。
「苛性ソーダを使用しない酵素精錬しているので厨房用に安心」な木綿です。

img_0029
10:00〜11:00 『米』
11:00〜12:00 『栗』
12:00〜13:00 『柿』
13:00〜14:00 『芋の子』
14:00〜15:00 『レンコン』
汚れても良い服装でご参加ください!(エプロンは貸し出します)
参加費:ふきん500円、手拭い:1,000円

ご参加お待ちしています。

町分マルシェFB
https://www.facebook.com/Machibun-Marche-669964296394789/…

(p研究員)

安藤醸造 麹くらぶ様 ミニお米袋用シール

【デザイン研究室 納品情報】
安藤醸造 麹くらぶ様 ミニお米袋用シール

昨年度誕生したお米300g入りタイプのラインナップに、
新種のロゴタイプを追加制作させていただきました。

秋田の安藤醸造様では味噌や麹の原料のお米づくりにも
大変力を入れていらっしゃいます。
今年度の新米から新たに「つぶぞろい」という品種も加わりました!
「粒が大きく美味しい」
粒が大きく柔らかい食感。
粘り・味・香りのバランスの良いお米だそうです。
どんな味かは、ぜひ安藤醸造様でお買い求めくださいね!

(p研究員)

img_0018

ル・テリエ、ル・テリエ プチ様 お店紹介パンフレット

【デザイン研究室 納品情報】
ル・テリエ、ル・テリエ プチ様 お店紹介パンフレット

リピートを重ねてもう何刷になるのでしょうか?
おそらく10年位は関わらせていただいてますル・テリエ様のパンフレット。
今秋、再びリニューアルしました!

今回は看板犬のコーギー、サニーちゃんの小さい頃の写真が表紙。
かわいい表情なので、多くのお客様に手に取っていただいています。
ル・テリエさんはプチ店と合わせて、現在2店舗!
丁寧なケアで多くの皆様に長年愛されております。

今回のパンフレットには、お得情報が満載。
ぜひご活用ください。

(p研究員)

img_9219

花巻・いわていいもの市  ポスター・パンフレット・スタンプデザイン制作・撮影など

【デザイン研究室 納品情報】

花巻・いわていいもの市
ポスター・パンフレット・スタンプデザイン制作・撮影など

1ヶ月後の10/9(日)、10(祝・月)
いわて国体に合わせて花巻の玄関口、駅前のなはんプラザで
「いいもの」を集めた展示販売会が開かれます!

花巻とその周辺の歴史ある伝統文化を感じて頂きたく
和なテイストでデザインしました。
ワークショップで成島和紙はがきに押すスタンプ柄も
新たに制作しました。
img_8672

商品撮影も全て実行委員会の手作業です!
和紙を背景にした忍び駒、ちょっといい雰囲気ではないでしょうか。

dsc_0283

花巻の「忍び駒」や「成島和紙」「さき織り」に
スポットを当てた企画、
こんなの今までなかった〜!という「いいもの市」ならではの
「銘菓」「酒・つまみ」の『花巻いいものBox』や、
「花巻焼菓子」も新たに開発!←これが非常に美味しいのです。

イベントには、花巻の郷土料理を提供するレストランがお目見えするほか、地元の美味しいレストランやカフェ、農産物マルシェなども多数出店予定です。お誘い合わせの上お越しください。

実行委員会は花巻在住のカフェや雑貨店の女性たちで
はじめ、ご相談の話を聞いてびっくり。
こんなに短期間でこんなたくさんの企画をやるのかあ!!と正直驚きましたが、なんとかなるのが不思議なパワフルな女性たちです(笑)というか、まだまだ進行中です;

田舎laboでもBaanGajaさんとのコラボ商品、花巻「tabiシリーズ」の出品を予定しています。
ぜひお手に取ってご覧ください。
※田舎laboでの出店はありません

[花巻・いわていいもの市 Facebook]
https://www.facebook.com/hanamakiiwateiimono1/

(p研究員)

台風10号復旧支援コーナー

14225405_1760482737497044_1379654666122668768_n
【台風10号復旧支援コーナー】開設します。
今回の台風の被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。
岩泉の商品を集め、販売する特設コーナーを設けました。今後増やしていきます!

【岩泉復旧支援募金】
特に被害の大きかった岩泉の復旧の為に支援募金を開設します。募金の行き先は改めてお知らせします。

 

【岩泉復旧支援特設サイト】を設けました。

http://101zm.inakalabo.jp/

(岩泉にいつもお世話になっている田舎labo一同)

釜石てっぱん映画祭 ロゴマーク・ポスター・チラシ・パンフレット・のぼり

【デザイン研究室 納品情報】

釜石てっぱん映画祭
ロゴマーク・ポスター・チラシ・パンフレット・のぼりを
デザイン制作させて頂きました!

かつて映画館のあった釜石に再び映画文化を再生し、
映画を通じた「心の復興」を目指す映画祭です。

釜石や沿岸の皆さんのネットワークが詰まった
手作りの映画祭です。
地元のフラダンスや劇団の公演もあり、
俳優永瀬正敏さんも応援に駆けつけてくれるという
素晴らしい企画内容となっているようです。

上映作品は、今の釜石市民の皆さんがてっぱんだ!と思う
映画ばかり。
この後19時〜1回目の上映が始まります。
今日から3日間の映画祭!
ぜひ足をお運びください。

田舎laboも応援しています!

(p研究員)

マルカンデパート ソフトクリームのストラップの「台紙」

【デザイン研究室 納品情報】

花巻の象徴的な存在であったマルカンデパートが閉館して、2ヶ月が経ちました。そろそろ焼き肉ラーメンが食べたくなってきている私ですが。。

田舎laboでは、人気商品だった10段ソフトクリームのストラップの「台紙」をデザインさせて頂きました。

TVやネットなどで大きく報道されたのでご存知の方も多いでしょうか
8月末までに存続の判断がされるという
花巻の有名百貨店「マルカン大食堂」
応援グッズとしてIWATE STAR BRANDさんから販売されます!
現在は、プロトタイプのご紹介と予約受付を開始しています。

実は田舎laboが出来た3年前からずっと作ってみたかったのが、
マルカンソフトグッズ。
いろいろと当たってみては砕けていたのです。
その頃スターブリッジいわてさんと知り合い、いつか作りたいですね〜
などと言っていたのに月日は流れ・・
マルカン百貨店が43年の歴史を閉じることになりました。

今回、スターブリッジさんからうれしいことに
台紙デザイン制作のご相談を頂き、心を込めて数案作りました。
特にこのデザインは、コスプレでない本物感漂う
ウエイトレスさんを初めて見た時の感動を込めました。
ソフトクリームを待つワクワク感を感じていただきたい。
この案は全員一致で決定という珍しいパターン!
裏もお見せしたいところですが、出来上がってからのお楽しみで(笑)
(↑写真掲載しました。)

田舎labo実店舗でも先行予約受付中です!

ネット販売はこちら
IWATE STAR BRANDさん
http://iwate-starbrand.com/

花巻マルカン食堂応援のクラウドファウンディングはこちら
http://ishiwari.iwate.jp/pj/IswV0766812

(p研究員)

いわいずみのみずいわい2016

【デザイン研究室納品情報】

名水の町が生んだかき氷サマー
「いわいずみのみずいわい」

今年もポスターとちらしをデザインさせて頂きました。

岩泉の方々が続々登場しているこのデザイン、
実は面識ない方々が多いのですが、
主催者さまから、それぞれの方の特徴の情報を頂き、
想像を膨らませてラフ画を描いて撮影して頂きました。
(皆さん結構そのまま演技して頂いたみたいで恐縮です;)

ポスターとチラシで間違い探しができる仕様?となっております(笑)ここだけでこっそり教えますが、ただ1人だけちらしで居なくなっている方が、、ああ言えない。

今年の岩泉は「冷たい」!!を合い言葉に
なんと岩泉のおいしい氷で作られた巨大かき氷を作るそうです。
そして商店街の様々な限定トッピングもあるようで
絶品の噂もあり!
真夏の8/6、7に開かれるこのイベント、冷岩泉が楽しみですね!

「いわいずみのみずいわい」の詳しい情報は下記ブログをご覧下さい。
http://www.tedonokura.com/blog/

(p研究員)

第2回いわいずみはしご酒

【田舎laboデザイン研究室 納品情報】

なぜか岩泉にご縁のある田舎laboですが(笑)
昨年に引き続き、今年も岩泉結婚支援センターさまのイベント
「龍コン 第2回 いわいずみはしご酒」のポスター・パンフレットを作らせて頂きました!!

美しい岩泉の夕方から夜の時刻に
昨年参加して楽しかった男女が、「また会いに来たよー!」と楽しく乾杯しているイラストで表現しました♪

早いもので、いよいよ今週末23日(土)の開催になりました。
(お知らせがすっかり遅くなってしまいました;すみません)

こちらのイベント、未婚者だけではなく既婚者もOKだそうです。
ほろ酔い気分で、岩泉の町をはしごしましょう〜!

「前売り」まだ販売中のようです。
お問い合わせは下記までお願い致します!

龍コン
http://www.dorakon.net/

(p研究員)

釜石てっぱん映画祭 ロゴマーク

【田舎laboデザイン研究室 納品情報】

デザイン研究室では、
釜石でこの夏(8/26〜28)に開催されることになった
釜石てっぱん映画祭のロゴマークを制作させて頂きました!

釜石は製鉄の町だから「てっぱん」?
いいえ、そんな単純なことではありません。
釜石の市民セレクターさんが、「他の人は何と言おうと、この映画がいいと思う!」と推薦する「てっぱん」の作品群の中から、
実際に映画祭で上映する作品をさらに投票で市民に選んでもらうという
「釜石市民に選ばれた中の、さらに選び抜かれた映画」!だそうです。厳重ですね!

制作にあたって、ロゴマークにも念入りに3つの意味を込めました。
1つは市民の手で投票しているようす。見方によっては製鉄の溶鉱炉から出ている煙にも見えます。。よね?
投票箱は、さらに見方によっては汽船のようにも見えなくはない・・釜石が古くからの港町であることを示しています。
プロジェクターの光は、未来も照らしています!

映画館のない町に、映画を通じた心の復興と映画文化の再生を願ったこのプロジェクト、
6/24(金)明日!!までの投票は、釜石市民以外も受け付けているとのことなので、全国の皆さんも是非「てっぱん映画」に投票に参加してみてください。

釜石てっぱん映画祭のサイトはこちら↓↓↓
http://kamaishi-teppan-filmfestival.jimdo.com/

どうぞよろしくお願いします。

(p研究員)

いわいずみ手仕事市2016

いまいわいずみが熱い!

いわいずみ手仕事市2016(いがいっぱい!)

今年もポスター・パンフレット・DMをデザインさせて頂きました。
岩泉の方々の熱さ・燃えている感じをお届けしようと、赤・青・黄色とかなり派手な配色になりましたが、イベントなどで配られているのを見ると目立っていました。

「岩泉には普段から手仕事が根ざしているのも知ってほしい」
主催者さんのご意見で、打ち合わせの後すぐにうれいら商店街を取材して回りました。絵にしたもの全てが実際に、うれいら商店街で見ることのできるものばかりです。ぜひ見つけてみて下さい。

中面に描いた「上から見たうれいら商店街」は、昔からあるレトロな雰囲気のお店たち。現役のお店もたくさんあります。この絵をご覧になって盛り上がったというお話も伺いました。うれいら商店街要チェックです。

いわいずみ手仕事市パンフ中面

手仕事市は、つじあやのさんをはじめ、ゲストもすごい!(ライブははがきでの事前申込だそうなので、今一度パンフレットをお確かめ下さい)
素敵な出店者さんが沿岸を中心に出店されます。田舎laboは今年も出店させて頂きます!

イベントの詳細はこちら「ナドダーノでひとやすみ」
http://www.tedonokura.com/blog/

そうそう、昨年誕生した、つぴたあれいわいずみのキャラクターの龍にも「つぴた」と命名されたそうです。なんと素敵な名前!

(p研究員)

チリとチリリ 原画展 パンフレット・ポストカード

【デザイン研究室 納品情報】

『岩泉がチリとチリリの町になる!』

キャッチコピーを頂いたとき、
あ!まさに岩泉は絵本のような町!と思いました。

どいかやさん作「チリとチリリ」という素敵な絵本の世界を
岩泉を中心にご紹介する企画で、たくさんのお店を巻き込んだ企画になっています。
田舎laboもパンフレットとポストカード作りのお手伝いをさせて頂きました。

岩泉は、どいかやさんの絵本がそのまま現実になったような場所。チリとチリリが岩泉を探検するようなイメージで作成しました。

ポストカードはつぴたあれいわいずみのキャラクター龍くんが、春の泉にひたっています。
ぽかぽかの春の日に、皆さんもぜひ行ってみて下さい。

2年目に入ったつぴたあれ実行委員会さん、
今年も気になるイベントを次々繰り広げていく予定のようです。
今年も岩泉から目が離せません!

チリとチリリ原画展パンフレット・ポストカードは田舎laboにも少し置いています。
イベントの詳細は、こちらのブログをご覧下さい。
http://www.tedonokura.com/blog/

(p研究員)

あみだ展Ⅱ

参加型アート第8弾
『あみだ展Ⅱ』は3月5日(土)からスタートしました!

みんなで巨大なあみだくじを作ろう!という企画の第二弾です。
あみだくじの中に入って・・

safe_image
横糸を自由に創作!

IMG_0303
毎日少しずつ増えていってます。

IMG_0304

下には今日の占いが。1つだけ当たり(中身はないしょ)もあります!

IMG_0306

IMG_0305
DSC_0545

どんな道筋になるか、毎日変化しています!
運命を変えるのは、みなさんです。

980764_1696060197272632_2216762212955292859_o
大人も夢中〜!

田舎laboのチラシ3月号、1~12のどれかに直感で○をつけて来て下さい。
皆さんもぜひやりに来てね!

(p研究員)

安藤醸造さま わらび劇場シーズンプログラム 広告

【デザイン研究室 納品情報】
今年も「わらび劇場 シーズンプログラム」の
安藤醸造さまの広告ページを作らせて頂きました!
今年で3年目になりました。

イラストは水彩画で、歴史を感じさせる建物の
素敵な雰囲気が伝わるといいなと願いを込めて描いております。

どこかでお目にかかれますように!

IMG_6675

IMG_2073
(p研究員)

2016年1月・2月

イベント

毎月12日はパンの日!
水沢の人気のパン屋・やどり木さんと
盛岡の自家焙煎珈琲豆・café302さんがやってくる!!

1/13(水)・2/12(金)11:00〜  売り切れ次第終了

BINARYⅢ

2016.01.24(sun) 15 : 30 start
入場料:1,500円(1drink付)
未成年:500円(drinkなし)
小学生以下:無料
ACT:
板垣泰之と藤原忠がおいしいのみものをのめばいいのじゃない
吉田ポールの偏執的文学狂想曲

〜白いワールドカップ〜
第2回全日本WHITE選手権

2016.02.11(Thu)13:30開場/14:00開会
観戦料:1,000円(当日払いのみ・全自由席・1ドリンク代が含まれます)
↓↓エントリー募集中!↓↓
http://white.inakalabo.jp/

かにさわJAM(セッション大会です)

2/27(土)17:00〜20:00
参加費500円(1ドリンク付)
楽器や機材を持ち込んでみんなで遊ぼう!
ラボにも楽器がいっぱいあるので、楽器がなくても大丈夫です。

Galleryアートギャラリー

渡邉 若子 色鉛筆画展

わかこワールドでおなじみ、渡邉若子さんのまた違った世界をご覧ください!
1/24(日)〜2/11(木)入場無料

かにさわの春 花灯り展

和紙で作ったまあるい灯りのランプシェードの展示です!
2/13(土)〜2/26(金)入場無料

ワークショップ

※お申し込みは、店頭、電話、メール、Facebookのメッセージで受付中です。

ニードルフェルト研究室

1/17 (日)13:30〜16:30 参加費:2,000円

とんぼ玉研究室

2/6(土)13:30〜15:30 参加費:2,100円

UVレジン研究室

2/14 (日)13:30〜15:30 参加費:1,500円

初心者向け☆銅版画研究室

2/20 (土)13:00〜17:00 参加費:2,000円

原石キャンドル研究室 ※初心者対象です

2/21 (日)13:30〜15:30 参加費:1,500円

NEW☆製本研究室

2/28 (日)13:30〜16:30 参加費:2,000円

【イベント出品】※田舎laboの商品がお邪魔します♪

ミャゴミャゴ2016(岩泉・ナドダーノ)

1/23(土)〜2/5(金)10:00~16:00
※ネコをモチーフにした商品が勢揃いの企画展です。

ブローチ展(岩泉・ナドダーノ)

2/20(土)〜3/6(日)10:00~16:00
※ブローチのみを扱う企画展です。

その他

田舎labo×Baan Gaja の新プロジェクト!
『田× B tabi』~花巻を旅するあなたへ~
ひとっぷろセット好評発売中!

白鳥の停車場にて、田舎labo商品取り扱い中!

場所:白鳥の停車場(宮沢賢治童話村駐車場内 貨車のお店です)
営業時間:10:00~16:30

いわてデザインデイvol.3に参加してきました!

11/29(日)、いわて県民情報交流センター「アイーナ」で開かれました
「いわてデザインデイvol.3」に田舎labo初参戦!

IMG_5493
恐怖のガラス張りのエレベーター6Fから見た
開場前のいわてデザインデイ会場。
ここに岩手のデザイナー、クリエイターたちが集結〜!
デザインの講演や気になるショップもたくさん出展しました!

IMG_5502
田舎laboブース。
住宅用断熱材を利用した超ローコスト什器を手づくりしました。
1つの箱の中に納まり、軽くて組み立て・分解もカンタンです。
(※本来の使い道とは違います)
カモシカやワークショップの様子などをちりばめた背景や芝生をしいて、
田舎laboらしさを表現しました。
什器の中にはデザイン制作例や、
オリジナル商品開発品を展示しました。

IMG_5503
側面にもびっしり(笑)

A4_YY
田舎laboを表現するとこんな・・・中には収まらない;;
パンフレット制作には大変苦心しました。

IMG_5495
田舎labo新ユニフォーム「KSK(工作くん)-Tシャツ」を着て参加。
早速お買い上げ頂いた工作員系デザイナーT氏と記念ひょっとこ撮影。

たくさんのお客様にご覧頂き、たくさんお話させて頂きました!
ありがとうございました!

(p研究員)